MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

カワサキの“他を圧倒するバイク” 新型「エリミネーター」は両足ともに足裏ベッタリの安心感MAX!

執筆者:

Ninja 400と同じ398cm³並列2気筒エンジン搭載する「ELIMINATOR」

この記事の画像一覧を見る(18枚)

いわゆる「ヨンヒャク」は中型二輪免許で乗ることができる最高峰のバイクであり、国産マーケットで大きなシェアを持つカテゴリー。コスパに優れるだけでなく、パワーパフォーマンスも大満足できるモデルが溢れているのだ。その「ヨンヒャク」の中でも人気なのがカワサキだ。大排気量を誇る「Ninja」は世界的に人気なブランドだが、「Ninja」にも「ヨンヒャク」は存在する。

力強いパワーとリニアなレスポンスを提供するNinja 400は評判の高いモデルであるが、そのNinja 400と同じ398cm³並列2気筒エンジン搭載する「ELIMINATOR(エリミネーター)」をご存知だろうか。強力な低速トルクを発揮するそのマシンはロー&ロングなフォルムなので両足ともに足裏ベッタリ。通常のバイクでは味わえないライディングを楽しめるのだ。

地を這うような感覚のクラス最低シート高

カワサキの250ccから500ccクラスのオンロードモデルにおいて、最も低いシート高となる「ELIMINATOR」
都会を走る場合、バイクの足つき性は重要だ。カワサキの250ccから500ccクラスのオンロードモデルにおいて、最も低いシート高となる「ELIMINATOR」。そのスペックは地上から735mmとなっているが、アクセサリーとしてローシート、ハイシートも用意されている。ローシートはスタンダードから20mmダウンの715mm、ハイシートは30mmアップの765mmとお好みのポジションを選択できるのだ。

「ELIMINATOR」はハンドルはフラットバーが採用され、リラックスした姿勢でライディングを楽しめる
またハンドルはフラットバーが採用され、リラックスした姿勢でライディングを楽しめるのも「ELIMINATOR」の特徴。ヘッドライトからテールランプまでを直線的に結ぶ水平ラインがその独特なフォルムを生み出す。コントロール性と直進安定性に優れたフロント18インチ、リヤ16インチのホイールが採用され、低く長い堂々としたスタイルは「ヨンヒャク」以上の存在感となっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

普通二輪免許で味わえるホンダの最高峰バイク、SHOEIの注目必至ヘルメット ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【刺激的な走りを思いのままに】ヤマハのロードスポーツモデル「MT-09」がデザイン、操縦性、先進性で更に進化!

【SHOEIの優秀ヘルメット】備えあれば憂いなし!ツーリングにもってこいの新型「GT-Air3」に注目必至

【人気スクーターを体験】ベスパ「GTS150クラシック」の乗り心地は?ショートツーリングに出かけてみた

【世界が注目するスズキのバイク】非日常感を手軽に味わえる「GSX-S1000GX」「GSX-8R」がついに発売開始!

バイク大賞に輝いた“憧れ”の一台、大人の風格漂うホンダの1100cc ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!