MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集小沢コージの「遊べるクルマ」

新型トヨタ プリウス「衝撃的低さと上質な速さに驚き!」突如“スーパーカー化”しちゃったワケとは【小沢コージの遊べるクルマ】

執筆者:

新型トヨタ プリウス「衝撃的低さと上質な速さに驚き!」突如“スーパーカー化”しちゃったワケとは【小沢コージの遊べるクルマ】

この記事の画像一覧を見る(12枚)

MonoMax本誌にて好評連載中の「小沢コージの遊べるクルマ」では、自動車ジャーナリスト小沢コージさんが、ただの移動手段として使うだけではもったいない、遊びたくなる魅力を秘めたおすすめの1台を紹介しています。
今回は「世界に誇る日本のハイブリッドカー代表が突如大変身! その変貌はまさしく“大衆エコスーパーカー”」と小沢さんが驚きの評価を下したトヨタ プリウスを取り上げます。

小沢コージ
愛情あふれる独自の視点でクルマを語るバラエティ自動車ジャーナリスト。雑誌を中心にWebなどにも多数寄稿。2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員も務める。

低燃費だけじゃない新時代のプリウス登場!

新型トヨタ プリウス「衝撃的低さと上質な速さに驚き!」突如“スーパーカー化”しちゃったワケとは【小沢コージの遊べるクルマ】正直、驚いちゃったぜ新型プリウス。こんなにカッコよくなっちゃうなんて!ご存じ1997年誕生の世界初の量産ハイブリッドカーで、日本や世界で順調に売れていたはずなのに今年発売された5代目モデルで大変身。小沢的には、プリウスが突然5人乗りスーパーカーになっちゃったよ!!的驚きだ。

ボディタイプは一応ハッチバックのままだし、スタイルがちょっと変わっただけ?と思う人がいるかもしれないけど存在意義から大変貌している。

一番大きいのはボディスタイルでサイズは従来より25㎜長く20㎜広く40㎜も低く、ホイールベースも50㎜拡大。フォルムもプリウスらしいサイドのトライアングルシルエットこそそのままに、三角屋根のピークが後ろに下がり、フロントノーズからフロントウィンドウまで一直線!マジメな話、スーパーカーのランボールギーニ顔負けの、低くて長いクサビ形フォルムになった。

驚くのはその分、乗降性がそれなりに犠牲になっていることで、身長170㎝以上の成人男子が前後席に乗り込もうとすると、結構腰を屈めなくてはならない。着座してしまえば意外に広めだが視点も今までより低い。そこは「これだけカッコいいんだから全然大丈夫でしょう!」っていうリクツ、かつてのマジメなプリウスとは意識が全然違う。

同時に驚くのはハイパワー化で新1.8Lハイブリッドのシステム出力が140PSに、2Lが196PSに、PHEVが223PSに大幅パワーアップ。なかでも最速PHEVの時速0‐100㎞加速は6.7秒とスポーツカー並み。急激にパワフルセクシー化も果たしている。

理由はただ一つ。今やハイブリッドカーの価値が変化しているからだ。かつてプリウス以外にハイブリッドはなかったが今やコンパクトSUVのライズから大型ミニバンのアルファードまでハイブリッド化。プリウスも今までの「低燃費」という魅力に加え「カッコ」と「速さ」の二枚看板を背負ったわけなのだ。生まれ変わったプリウスに大注目だ!

この記事のタグ

モノマックス2024年3月号のご案内

3月号通常号

モノマックス2024年3月号

特別付録は「アーバンリサーチ 6つのスペースで荷物を整理できる!3WAYショルダーバッグ」!

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

モノマックス2024年3月号を見る

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!