MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

6月号通常号

6月号通常号

2024年5月9日(木)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【生産終了から奇跡の復活】NISSAN GT-R、進化した2024年モデルが登場

執筆者:

NISSAN GT-Rが復活。進化して2024年モデルが登場した

この記事の画像一覧を見る(12枚)

2022年5月に2022年モデルの受注が停止され、2022年9月をもって生産終了となっていた「R35型NISSAN GT-R」の2024年モデルが発表されて話題となっている。2023年モデルの発表がなかったことから「もうGT-Rの復活はない」と言われていたが、2023年1月の東京オートサロンで突如2024年モデルがお披露目されてファンを喜ばせていた。いよいよその復活が現実のものになったわけだ。

新車外騒音規制への対応が復活の鍵だった

フロントとリアのトルク配分を緻密に制御することでコーナリング性能も向上まず、2024年モデルのポイントは、最高出力や最大トルクなどのパフォーマンスを維持しながら、走行時の不要なノイズと振動を低減する新車外騒音規制対応の新構造マフラーを新開発して採用したことにある。GT-Rの継続の最大のネックが2022年からの騒音規制強化にあったからだ。それは排気音だけでなくタイヤノイズやエンジン音にも及び、それをクリアするためには、全面的な設計変更や高価なパーツの投入が必要とされていた。

新車外騒音規制対応の新構造マフラーを新開発して採用技術的には不可能なことでなくても、それを手の届く価格でまとめるのは難しく、そのため、もうGT-Rの新型が登場することはないのでは、と言われていた。まず新車外騒音規制対応の新構造マフラーなどで、騒音規制問題を解決したことに拍手を贈りたい。しかも、「綿密に調律された感性に響く、迫力ある新たなGT-Rサウンドを感じられる」というから楽しみだ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

小さな新・高級車「レクサスLBX」はセクシーだけどカジュアル!“遊べる注目車”を自動車ジャーナリストが徹底解説

「あなたのクルマ、車検に落ちるかも」 8月から始まる“新検査基準”が結構シビアに……思わぬ出費に備えて!

セクシーでお買得な“ホンダ新型”をプロが徹底解説、日本発売に期待膨らむ日産「キックス」ほか【SUVの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【彩速テクノロジー搭載】緻密でワイドな視野角のHD映像を体感!ケンウッドが最新カーナビ4機種をローンチ

【それも違法!?】ドライブシーズン到来「やってしまいがちな交通違反4選」守っておくべき交通ルールを解説

【EVの不安を一掃】ホンダが「N-VAN  e:」の販売開始に先立ちEV充電サポートサービスを開始!

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!