MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【ヤマハの新型バイク】スポーツツアラー「TRACER9 GT ABS」は痒いところに手が届く!

執筆者:

ヤマハからマルチパーパスなツアラー「TRACER9 GT ABS」2023年モデルが新登場!

この記事の画像一覧を見る(8枚)

市街地からツーリングまで、スポーティで快適な走りを、しかも多用途に楽しめるモデルとして開発されたツアラー「TRACER9 GT ABS」の2023年モデルが新発売となる。この手のツアラーはシート高が高めに設定されていて、足つき性が悪いというのが定石。しかし「TRACER9 GT ABS」はライディングポジションを好みに合わせて調整可能。メインシートは低い位置で820mm、高い位置では835mmと2段階に調整可能となっていて、足つき性の懸念が払拭。購入に後ろ向きだったライダーも足裏が地面につきやすくなったことで、手が届きやすいモデルとなっているのだ。

痒いところに手が届くスポーツツアラー

「TRACER9 GT ABS」はライディングポジションを好みに合わせて調整可能メインシートの高さだけでなく、フットレストとハンドルバーのポジションもそれぞれ2つ選択できる「TRACER9 GT ABS」はライダーの痒いところに手が届くスポーツツアラーでもある。というのも、真夏は別として、秋口から冬、さらには春先までグローブを装着してもロングツーリングでは指先に寒さを覚えがち。

「TRACER9 GT ABS」はグリップウォーマーが標準装備しかし「TRACER9 GT ABS」はグリップウォーマーが標準装備となっている。季節に対応した細かなセッティングが可能で、操作しやすいホイールスイッチで10段階に温度調整できるのだ。さらにオプション装備となるが、ヒップからヒーターの暖かさを伝えるコンフォートヒートシートの設定があり、グリップウォーマー同様ホイールスイッチで温度管理できるのだ。

秀逸な制御システム

ヤマハからマルチパーパスなツアラー「TRACER9 GT ABS」2023年モデルが新登場!水冷DOHC直列3気筒4バルブ・ダウンドラフト吸気フューエルインジェクション搭載エンジンの「TRACER9 GT ABS」は総排気量888ccで、最高出力88kW。8が並ぶ末広がりでなんとも縁起のいいバイク。ツーリングは自分だけが気をつけていれば大丈夫というわけでもなく、貰い事故というのもあるので担げる縁起はなんでもウェルカムだ。
総排気量888ccで、最高出力88kW。8が並ぶ末広がりでなんとも縁起のいいバイク気を張りがちなロングツーリングでは「TRACER9 GT ABS」に備わるさまざまな制御システムがライダーの負担を軽減してくれる。たとえば「バンク角も反映したトラクションコントロールシステム」「旋回性能をサポートするスライドコントロールシステム」「前輪の浮き上がり傾向時にライダーを支援するリフトコントロールシステム」を制御してくれる「ECU」や車両挙動のきめ細かな制御を支える「IMU」。走行中に減衰レベルを自動調整するKYB製電子制御サスペンションなど。この秀逸な制御システムによりライダーは快適にツーリングを楽しめるのだ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【おうちで焚き火ができちゃう!?】秀逸デザインでインテリアにも◎な最新「高コスパ アウトドアギア」3選

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!