MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【噂のスーパーリムジン】新型レクサスLMがワールドデビュー、今秋の日本導入が正式に決定!

執筆者:

上海モーターショーで新型「レクサスLM」が世界初公開

この記事の画像一覧を見る(10枚)

レクサスは中国・上海で開催されている上海モーターショーで新型「レクサスLM」を世界初公開した。2019年に登場した初代レクサスLMはアルファード/ヴェルファイアをベースとしたラグジュアリーミニバンで、中国市場やアジア地域、北米市場でショーファードリブンMPVとして人気モデルとなっているものの、これまで日本には導入されてこなかった。ただ日本市場でも導入を期待する声が高まってきたことを受けて、新型ではレクサスが公式に「日本での発売は2023年秋頃を予定しています」とアナウンス、大きな話題となっている。さて、新型「レクサスLM」とはどんなモデルなのだろうか。

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

ミニバンの枠をはるかに超えたスーパーリムジン

初代LMはトヨタ・アルファード/ヴェルファイアをベースに、レクサスがひときわゴージャスに仕上げた超高級ミニバンで、吸音材を増やして静粛性を高め、上質で豪華な誂えとしたモデル。レクサスではフラッグシップMPVと位置づけていたが、実際にはその範疇を超えて、「ショーファードリブン」「リムジン」として中国市場やアジア地域、北米市場で高い支持を受けてきた。

今回発表された新型LMは、こうしたラグジュアリーマーケットの価値観の変化をうけ、車名が意味する「ラグジュアリームーバー」としての価値や存在意義をあらためて見直し、全面刷新されている。

ラグジュアリームーバーとしての価値や存在意義をあらためて見直し、全面刷新

コンセプトは「素に戻れる移動空間」で、すべての乗員が自然体でくつろげる乗り味と居住空間を作り上げることを目指し、ドライバーは素直で正確な操縦性などにより気を遣うことなく運転の楽しさを実感でき、乗員はノイズや不快な振動を気にすることなく、車内での時間をゆったりと過ごすことができる快適性と機能性を備えているとしている。

ロングホイールベースを活かしたゆとりのあるインテリア

開発陣が掲げたコンセプトは『素に戻れる移動空間』

現行モデルでは4シーター仕様と3列6/7シーター仕様が設定されているが、新型では4シーター仕様がメインとなると思われる。

新型LMはもはやミニバンの枠を超えたスーパーリムジンで、アルファード/ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジに代わる存在となることだろう。ちなみに新型アルファード/ヴェルファイアはこの2代目新型LMをベースに誕生すると言われている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

ファン驚き「ポルシェ 911カレラ」が大幅アップデート、911カレラGTSは電動ターボ&ハイブリッドを搭載

さらに“使える軽トラ”へ進化!マツダ「スクラムトラック」が快適性、安全性、燃費性能を向上させる改良を実施

「新デザインのエクステリアに注目」日産ノートをベースとしたカスタムカー“ノート AUTECH CROSSOVER”がマイナーチェンジ

「200万円以上も安くで話題」メルセデスEQEに待望の価格を抑えた限定車“EQE350+ エレクトリックアート”が登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ