MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【Jeepの電動化を知ってる?】 ラングラーからグラチェロまでJeepの最新プラグインハイブリッド❝4xe❞3モデルに一気乗り

執筆者:

JeepのコンパクトPHEVを狙うならレネゲードで決まり!

【Jeepの電動化を知ってる?】 ラングラーからグラチェロまでJeepの最新プラグインハイブリッド❝4xe❞3モデルに一気乗り

ジープ レネゲード リミテッド 4xe ¥5,840,000

ふたつのモーターを搭載し、リアはモーターのみで駆動させる。EV走行可能距離は50kmで、ハイブリッドモードでの燃費は16km/Lとなっている。価格は584万円とお求めやすい。

【スペック】全長×全幅×全高:4,255×1,805×1,695mm ホイールベース:2,570mm 車両重量:1,790kg エンジン:直4DOHCターボ+モーター縦置 総排気量:1,331cc 最高出力:96kW(131PS)/5,500rpm 最大トルク:270Nm(27.5kg-m)/1,850rpm フロントモーター最高出力:33kW(45PS) フロントモーター最大トルク:53Nm/8,000rpm リアモーター最高出力:94kW(128PS) リアモーター最大トルク:250Nm/2,000rpm トランスミッション:6速AT 駆動方式:4WD

ジープファミリーの末っ子、レネゲード。4xeを最初に採用されたモデルでもある。コンパクトゆえ、4xeのメリットも引き立つ。

【Jeepの電動化を知ってる?】 ラングラーからグラチェロまでJeepの最新プラグインハイブリッド❝4xe❞3モデルに一気乗り

ガソリンモデル同様のインテリア。取り回しもよく、日本の道路事情にマッチするレネゲードの持ち味を継承している。

【Jeepの電動化を知ってる?】 ラングラーからグラチェロまでJeepの最新プラグインハイブリッド❝4xe❞3モデルに一気乗り

ジープのなかではコンパクトとはいえ、室内は広々としていて窮屈な感じは皆無。ゆったりとドライブすることができる。上質で座り心地のいいシートもジープならでは。

ジープが電動化するというのは衝撃的ではあったが、フタを開けてみればモーターの力強さを得たことで、ジープならではのタフで力強い走りがさらに引き立った感じだ。つまりベストマッチだったということ。燃費もよく、静粛性に優れるなどのメリットは多いことを再確認できた。

取材・文/近藤暁史 撮影/澤田和久

この記事の画像一覧
  • Jeepは4xe(フォー・バイ・イー)と呼ばれるプラグインハイブリッドを積極的に展開
  • プラグインハイブリッドはレネゲードから始まり、ラングラー、グランドチェロキーに設定されている
  • ジープ ラングラー アンリミテッド ルビコン 4xeのEV走行は42kmまで可能だ。価格は1030万円
  • ジープ グランドチェロキー リミテッド4xeは2410kgという車重を感じさせない余裕のスペック
  • ジープファミリーの末っ子、レネゲード。4xeが最初に採用された
  • 4xeならでのポイントとして、ボンネットのブルーで縁取られたブラックアウトが入り、そこに4xeもセンスよくあしらわれる
  • ラングラーの世界観を味わえるインテリア。左ハンドルのみの設定
  • ステアリングの左側には「HYBRID/ELECTRIC(EV走行)/E-SAVE(バッテリーの使用を抑えながら充電)」の3つのボタンが備わる
  • 充電ポートはボディサイド、左前部に装備
  • ジープのもつタフさと上質さをうまく両立させたグランド チェロキーのインテリア
  • グランドチェロキーの4xeではセンター部分のモニターによって、現在の走行状況を知ることができる
  • 大ぶりで絶妙なクッションの効いたグランドチェロキーのシートはレザーのタッチも上質
  • ガソリンモデル同様のインテリア。レネゲードは取り回しもよく、日本の道路事情にマッチする
  • ジープのなかではコンパクトなレネゲードとはいえ、室内は広々としていて窮屈な感じは皆無

この記事の画像一覧を見る(14枚)

123

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!