MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【驚異の軽さ】前例のないMTBレースバイク、スペシャライズド「Epic World Cup」は究極に速いマシン

執筆者:

前例のないMTBレースバイク、スペシャライズドEpic World Cup

この記事の画像一覧を見る(9枚)

人力によるオフロードレースでは、自転車の重量はもっとも重要視されるポイント。車両が軽ければ軽いほど、ライダーの負担は軽くなる。効率的な走りと優れた操作性、そして驚異的な軽さとバランスがいいバイクがスペシャライズドから登場した。レースで勝つことだけを目標に作られたバイク、それが「Epic World Cup(エピック ワールドカップ)」だ。

ハードテールか、否か

最速のバイクを彩るスペシャライズドのコンポーネント自転車の仕組みはペダルを漕ぐとチェーンにより連結したリアタイヤが駆動する。つまり推進力を得るためには、タイヤが路面に接していることが重要となる。舗装路面を走っているとタイヤが路面から離れることなんて想像もできないだろうが、アウトドアでの凸凹道ではタイヤが路面から離れることはよくある。そこで重要となってくるのが、サスペンション機構だ。サスペンションは凸凹から受けるショックをやわらげるだけでなく、タイヤが路面から離れないようにするためにも重要なメカニズム。

サスペンションはタイヤが路面から離れないようにするためにも重要なメカニズムところが、サスペンション機構が付くと必ずその分重くなる。さて、サスペンション機構のないハードテールバイクで軽量性を優先するか。それともサスペンション付きバイクにして、タイヤが路面から離れずいつでもトラクションをかけられる駆動性を取るか。

驚異の軽さとなった「Epic World Cup」

より速く走りたいというライダーのニーズに応えるスペシャライズド軽量性を優先するか、はたまた駆動性を取るか。この悩ましい問題にスペシャライズドが明確なる答えを出した。スペシャライズドはアメリカのカルフォルニア州に本社を置くスポーツ自転車ブランド。

革新的なショックデザインと至高のライドダイナミクスを採用より速く走りたいというライダーのニーズに応えるため、スペシャライズドは業界で初めて自社内に自転車専用の風洞実験施設を建設し、エアロダイナミクスを追求。ツール・ド・フランスなどのワールドツアーで勝利を量産するトップチームにバイクをはじめとする機材を提供している。そのスペシャライズドが出した答えは、驚異の軽さによるサスペンション機構付きの「Epic World Cup」だ。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

【自転車・オブ・ザ・イヤー】大賞は「スマートでパワフル、全方位で使えるe-BIKE」に決定!注目ベスト4選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!