MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【集中連載】今語りたい名車 Car No.3 シボレー コルベット クーペ

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
そこで、これまで当連載で扱ってきた名車を本ブログにて1台ずつご紹介。

第3回の名車はシボレー コルベット クーペです。

プロポーションのよさだけでも
充分に名車の殿堂入り

IKE_3193_01

1954年に初代であるC1型が発売されて以来、アメリカを代表するスポーツカーとしての地位を圧倒的な支持とともにキープし続けている、シボレー・コルベット。
2013年に発表された7代目にあたるC7型は、これまで代が替わるたびにその傾向を強めてきた“対ヨーロピアンスポーツカー”のような姿勢を一気に強め、走りのパフォーマンスでも質感でも世界のトップレベルに躍り出るモデルとなって登場、世界中で高い評価を得ている。
フロントエンジンに後輪駆動、搭載エンジンはOHVと、そこだけを聞けば古典主義的ではあるが、その実はシャシーもパワートレーンも何もかもが最新技術の結晶といえるもの。
314km/hの最高速度も0-60mph(0-96km/h)3.8秒の加速力も充分に賞賛に値する。
しかもプライスは850万円からと、1000万円を楽に下回っているのだから驚異的だ。

●ここにも注目!

IKE_3147_01
バランス感にあふれた抜群のプロポーション。
そのルックスは誰が見ても素直に「カッコイイ!」と感じられるもの。存在感の強さもこの上ない。

IKE_3139_01

操作系のタッチや各部の質感にも、以前のアメリカ車的な緩さはまったく感じられない。
なお、エンジンはV型8気筒OHVで、460ps/63.6kgmと強力で、トランスミッションはパドルシフト付きの6速ATとフィールの素晴らしい7速MTの2種類が用意されている。

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2014年時点のもの)

■関連記事
【集中連載】今語りたい名車 Car No.2 フォルクスワーゲン ゴルフ GTI

IKE_3006_01
【集中連載】今語りたい名車 Car No.1 BMW i3
IKR_7465_01

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【腕時計の“格上げモノ”】一点投入で装いがワンランクアップ!ザ・ニシオギ「ユニバースウォッチ」が放つ圧倒的存在感に大注目

【自宅のインテリアにも映えるギア】新色のカモ柄をまとった「オレゴニアンキャンパー」の収納アイテムがカッコいい!

「在宅避難」に役立つ必須級アイテム、プロが指南する“防災バッグ”の作り方 ほか【防災の人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【PUMA × ワンピース】「赤髪のシャンクス」デザイン!? 激レアなプーマのスウェードを体験『スニーカー系ライターが試し履き』

全国のどん兵衛“味の境界線”はどこ?、間違いない「ご当地カレーラーメン」ほか【即席麺マニアの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【狙い目は定価を下回るロレックス!?】腕時計投資家が教える「腕時計投資の極意3か条」とは?

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!