MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「売り切れ必至のG-SHOCK」レトロデザインからスペシャルモデルまで!6月の話題作4選

執筆者:

2023年6月に登場したG-SHOCK4選

この記事の画像一覧を見る(19枚)

今年40周年を迎えてますます勢いを増しているG-SHOCK人気。2023年6月にも数多くの注目作がリリースされています。その中から、オリジナリティにあふれる4シリーズを厳選してご紹介!

ピコピコ音が聞こえてきそう! 80年代のレトロゲームをフューチャーした最新「G-B001」

ピコピコ音が聞こえてきそう! 80年代のレトロゲームをフューチャーした最新「G-B001」

G-SHOCK
(左)「G-B001RG-4JR」¥22,000、(右)「G-B001RG-3JR」¥22,000

1983年に誕生し、今年で40周年を迎えたG-SHOCK。発売された当時を思い出させるようなグラフィックを採用したのが、「G-B001」シリーズの新作です。

カプセルベゼルの着脱が可能に「G-B001」は今年1月に発売されたシリーズ。ベースはCapsule Toughをコンセプトとして1994年に誕生した「DW-001」で、そのフェイスデザインから「ジェイソン」との愛称でも親しまれてきた名作です。特徴的なフェイスや羽根のようなショックアブソーバーなどはそのままに、カーボンコアガード構造の採用によりカプセルベゼルの着脱が可能になったことで話題を呼びました。

G-SHOCKの発売年である「1983」の数字をプリントそして今回の新作では、

80年代のレトロカルチャーやゲームのグラフィックをイメージしたデザインを採用。(公式webサイトより)

とのこと。バンドにも、G-SHOCKの発売年である「1983」の数字をプリント……実はこれ、世界中のキッズたちを夢中にさせた、あの偉大な家庭用ゲーム機が発売された年でもあります。

独特の味わいを感じさせるドットデザインカクカクしているのに独特の味わいを感じさせるドットデザイン。あの時代に幼少期を過ごした往年のG-SHOCKファンはもちろん、「昭和・平成レトロ」への関心が高まっているZ世代にも刺さるグラフィックです。

カプセルベゼルに半透明素材が使われて、やんわり透過していることで立体的に感じさせるもちろんカプセルベゼルを着脱できる、1つで2度おいしい仕組み。特に今回はカプセルベゼルに半透明素材が使われて、やんわり透過していることで立体的に感じさせます。

各種パーツに配色されたビビッドなカラーリングも特徴で、カジュアルな装いのアクセントになること間違いなし。これ1本で手軽に「昭和・平成レトロ感」を表現できそうです。

レトロなカラーリングがたまらない!70~80年代の雰囲気に満ちた「Vintage product colors」

レトロなカラーリングがたまらない!70~80年代な雰囲気に満ちた「Vintage product colors」

G-SHOCK「Vintage product colors」
(左)「DW-6600PC-5JF」¥13,200、(右)「GA-400PC-8AJF」¥18,700

節目の年であるだけに、誕生当時を振り返るようなレトロデザインモデルが続々と登場しています。この「Vintage product colors」もそのひとつ。1970~80年代のプロダクトから着想を得たという2つのモデルがラインナップされています。

「DW-6600PC-5JF」はケースやバンドにセピアカラーを採用し、レトロな雰囲気を演出。「DW-6600PC-5JF」はケースやバンドにセピアカラーを採用し、レトロな雰囲気を演出。鮮やかなレッドを用いたフロントボタンも印象的です。さらに画面の色合いも、当時見られた液晶製品に近づけたというこだわりぶり。あの頃からタイムスリップしてきたようです。

ビッグケースの「GA-400PC-8AJF」は、ベースにグレーとオフホワイトーを採用ビッグケースの「GA-400PC-8AJF」は、ベースにグレーとオフホワイトを採用。

操作ボタンや文字盤にはレッド、ブルー、グリーンの原色を差し込み、レトロ感のあるコントラストに 操作ボタンや文字盤にはレッド、ブルー、グリーンの原色を差し込み、レトロ感のあるコントラストを生み出しています。

たしかに70~80年代らしさにあふれたカラーリング。古めかしい色合いでありつつ、中身は最新というギャップがたまりません。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【G-SHOCKの待望作】25周年記念モデルのカラーを忠実に再現した「CRAZY COLORS 2024」に注目!

プロが激推しするオメガ、グランドセイコー、カルティエの「永世定番モデル」ほか【一生モノ腕時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【G-SHOCK、ノースフェイス、無印良品、吉田カバンの鉄板アイテム多数登場】MonoMax5月号の表紙を公開!【付録はナンガ!】

【争奪戦必至】カシオの名機「カシオトロン」が最新技術で復刻!レトロフューチャーなデザインが秀逸すぎ

「まさに一生モノ」セイコー、シチズン、カシオの本格腕時計が秀逸【国産時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年2月)

【カシオ初の名作時計が復刻】世界限定4000本、現代の技術で蘇った「カシオトロンQW02」が見逃せない!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!