MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【オンラインで先行販売開始】高級志向の限定車「メルセデス・ベンツ C200 スポーツエクスクルーシブリミテッド」登場

執筆者:

Cクラスセダンの限定車「C200 スポーツ エクスクルーシブリミテッド」が登場

この記事の画像一覧を見る(4枚)

メルセデス・ベンツ日本からCクラスセダンの限定車「C200 スポーツ エクスクルーシブリミテッド(Sports Exclusive Limited)」が登場した。そのモデル名が示すとおり、人気のCクラスセダンをエクスクルーシブに仕上げた特別仕様車で、コンパクトなCクラスの長所をそのままに、Sクラスのような「最上級のCクラス」に仕上げられている。

なお、この限定車については、先行販売として7月31日までオンラインショールームで予約を受け付け、8月1日以降は、販売可能な車両がある場合は全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークでも注文を受け付ける。すでに納車の準備は進んでおり、7月中にも納車が開始される予定という。

輸入車Dセグメントで高い人気を誇るメルセデス・ベンツCクラス

メルセデス・ベンツCクラスは1982年に「190クラス」として登場以来、動力性能や快適性、安全性などあらゆる面においてセグメントのリーダーとなっている。

2014年に登場した先代Cクラスはセダンとステーションワゴンを合わせて日本で累計約10万台以上を販売し、2015年から2019年まで年間の輸入車Dセグメント販売台数ナンバー1を達成、数々の賞を受賞するなど多くのユーザーから高い評価を得てきた。

現行のCクラスは、精度の高い安全運転支援システム、直感的な操作設定が可能な縦型の大型センターディスプレイ、行先案内が可能なARナビゲーション、生体認証によるシートポジションなど、フラッグシップモデルである新型Sクラス譲りの新技術を多数採用して2021年に登場。パワートレーンはBSG、ISG、プラグインハイブリッドにより、全ラインナップを電動化した。また、エクステリアとインテリアのデザインに新型Sクラス譲りの要素を取り入れながら、随所にCクラスらしいスポーティさを表現して高い人気を誇っている。

C200 アバンギャルドをベースにした「最上級のCクラス」

Sクラスのような「最上級のCクラス」に仕上げられた特別仕様車今回登場した限定車「C200 スポーツエクスクルーシブリミテッド」は、C200アバンギャルドがベース。エンジン単体で204PS(150kW)、300Nmを発生する1.5Lの直列4気筒ターボエンジンの「M254」を採用。これに最大で20ps(15kW)、208Nmのブーストと電気による緻密なサポートが可能となる「ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)」を組み合わせたマイルドハイブリッド仕様となる。

もちろん、メルセデス・ベンツの最新の安全運転支援システム「インテリジェントドライブ」やMBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)、正確な配光が可能となる「DIGITALライト」は、C200アバンギャルドに標準装備されている。

限定車「C200 スポーツエクスクルーシブリミテッド」には、こうしたC200アバンギャルドの標準装備に加え、AMGラインエクステリアとブラックアクセントを施した19インチAMGマルチスポークアルミホイールを特別装備。

深みのある艶が美しいブラウンハイグロスアッシュウッドインテリアトリムインテリアには、肌触りが滑らかで上質な「ナッパレザーシート」や、艶やかで華のある室内空間を演出する「ブラウンハイグロスアッシュウッドインテリアトリム」、身体と座面の間にこもった熱や湿気をシートに内蔵された複数のファンが除去する「シートベンチレーター(シートヒーター機能含む)(運転席・助手席)」を装備している。

しっとりとした肌触りのナッパレザーシートにはダイヤモンドステッチがあしらわれるさらに、開放的なインテリア空間を演出する「パノラミックスライディングルーフ」や高精細なナチュラルサウンドが楽しめる「Burmester 3Dサラウンドサウンドシステム」も装備、まさに「最上級のCクラス」となっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!