MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【集中連載】今語りたい名車 Car No.9 ポルシェ マカン

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
そこで、これまで当連載で扱ってきた名車を本ブログにて1台ずつご紹介。
第9回の名車はポルシェ マカンです。

ポルシェ・テイストに満ちあふれた
あたりがソフトな上級SUV

IKE_1355_01

従来のカイエンの下に位置付けられたポルシェのSUV第2弾、マカン。
全長4680mm、全幅1925mm、全高1625mmのボディはカイエンよりひとまわり近くコンパクトな感覚。
また価格も616万円からと戦略的で、登場当初、納車待ちも発生するほどのヒットを見せている。
グレードは直4ターボで237psのマカン、V6ツインターボで340psのマカンS、同じくV6ツインターボで400psのマカン・ターボの3機種。
トランスミッションはいずれも7速のPDKとなっている。
今回の取材車両は最もベーシックなマカン。
616万円という価格ながら、上級モデルと同じく、路面状況に応じて4輪すべての駆動力をアクティブに制御して走破性やコーナリング性能を高める4WDシステム、ポルシェ・トラクションマネージメントシステムを搭載。
ちなみに0-100km/hは6.9秒、最高速度は223km/hである。

●ここにも注目!

IKE_1346_01 IKE_1367_01 IKE_1387_01 IKE_1380_01
スタイリングにポルシェらしさを持たせるためラゲッジスペースを少々犠牲にしたが、それでも通常時500L、シートを倒せば1500Lと実用性は充分。
5人乗りの室内も、他のポルシェとまったく同様のテイストでまとめられている。

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2015年時点のもの)

■関連記事
使ってそのすごさがわかった!ビームス ライツBIGバッグインバッグの活用法をお教えします!【MonoMax9月号特別付録】
IMG_5884

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【強力コラボスニーカー】シカゴのストリートの風をまとったホカ「Tor Summit」は見逃せない!

【鋭い切れ味自慢の逸品】18Wayのマルチツール、圧倒的にタフな鉈ほか アウトドアの達人を気取れる「薪割りナイフの最新版」3選

マツコも絶賛した「人気上昇中の豆腐バー」食べ比べ、ローソンのヤバすぎる禁断コラボ ほか【コンビニグルメの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【大ヒット日用品】コスパ最強!暮らしが激変する傑作揃い「アイリスオーヤマで本当に売れた家電ほか」ベスト5

【結論!ナンガのコラボ付録は最高に使える】1週間使って分かった12個ポケット・ショルダーバッグの実力

【最高技術と情熱がつまった時計】W&WGで発表「フリーク S」の可能性をさらに推し進めたユリス・ナルダン「フリーク S ノマド」に注目

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!