MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【乗ってみた】販売絶好調のスバルを支える“縁の下の力持ち”。フォレスターは国産車屈指の実力派SUV!

スバルの販売が絶好調です。最近発表される販売台数は毎回のように「過去最高」と謳われていますし、現在はほとんどの車種が人気で納車待ちなっているのだとか。かつては「ラリー」や「4WD」、「水平対向エンジン」といった実直な技術イメージが先行し、クルマ好きのなかでも特にメカマニアから好まれたブランドですが、近年は国産メーカー屈指の「SUV」ブランドとして、日本はもとより北米などでも高い人気を誇っています。

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

 

 

IMGP9561

そんなスバルSUVの原点ともいえるのが、このフォレスターです。初代モデルがデビューしたのが1997年。すでに現行型で4代目となる古参のクロスオーバーSUVですが、スバルが得意とするオフロード性能の高さに加え、高速道路をはじめとしたオンロードでの走行性能も重視した、柔軟性の高い走りが特徴のモデルへと進化しました。

 

IMGP9577 

車名には「森の人」という意味があるそうで、まさに森や山でのアウトドアにもぴったりなクルマです。スバル車のなかで最も最低地上高が高く、悪路走破性能が優れているうえに、ラゲッジルームも広いので、たくさんの道具を積んで出かけられます。

IMGP9599

 

IMGP9567 

また、現行型の登場は2012年ですが、昨年2015年末にまるでフルモデルチェンジのような大幅なマイナーチェンジが実施されています。フロントフェイスを近代的で高級感のあるデザインへと変更し、インテリアも素材などを変更して質感を向上。さらに、自動ブレーキシステム「アイサイト」をはじめとする先進安全装備も大幅に進化させました。

IMGP9572 

 

IMGP9556

これだけでもマイナーチェンジ前に購入したオーナーを悔しがらせますが(苦笑)、一番違いを感じるのは走りです。新旧比べて乗るとよくわかりますが、走行性能は向上し、乗り味がしなやかでマイルドになりました。また、エンジンは力強さが増し、トランスミッションの制御もかなりスムーズに。オフロードが得意なクルマながら、上質感もたっぷり。週末のアウトドアを趣味にしている大人が乗るモデルとしてふさわしい一台です。

 

 

 

 

TEXT/安藤修也(フォッケウルフ)

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ホンダの“超好調”な新型SUV、新・レクサスは「セクシーだけどカジュアル」ほか【SUVの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「車中泊が気軽に楽しめる移動基地」跳ね上げ式ベッドと硬質フロアパネルで使い方無限大!“キャラバン マルチベッド”で冒険に出かけよう

【跳ね馬のDNAを完璧に体現】フェラーリの“12気筒”という名の新フラッグシップ「ドーディチ チリンドリ」日本上陸

「車検に落ちるかも!?」8月から始まる新検査基準を解説、期待値爆上がりの新型フリード ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年5月版)

補助金を適用すると……“車両価格は200万円以下!?” ホンダが軽商用EV「N-VAN e:」を正式発表!

「三菱の頼れる軽トラ」新色がカッコいい! 一部改良のミニキャブ トラックが安全性&利便性を進化させて登場

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ