MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【集中連載】今語りたい名車 Car No.10 ミニ クロスオーバー クリーンディーゼル

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
そこで、これまで当連載で扱ってきた名車を本ブログにて1台ずつご紹介。

第10回の名車はミニ クロスオーバー クリーンディーゼルです。

大きくなってもディーゼル搭載でも
筋の通った世界観にブレはなし!

IKE_1419_01

2001年に登場したリバイバル版ミニ。
現行モデルはそこから数えて3世代目となるが、今回のミニ・クロスオーバーは2世代目だった時代の2010年にデビューした、ミニのSUV的存在として生産が続けられている。
ミニの基本的なモデルよりおよそ30cm以上長く10cm幅広く10cm以上背の高いボディは、歴史的名車であるオリジナル・ミニ
の1.3倍ほどの大きさにも及ぶが、そのぶん室内は大人4人がくつろげるほどの広さを手に入れたし、容量350~1170Lとかなり実用的なラゲッジスペースも手に入れた。
今回の取材車両であるクーパーSDは、昨年秋にラインナップに追加されたディーゼルエンジン搭載のスポーツグレード。
ゴーカート感覚と評されたクーパーS用シャシーに143ps/31.1kgmの2リッター直4ディーゼルターボを搭載する。
またひとつ下に112ps/27.5kgmのクーパーDと呼ばれるモデルもラインナップされている。

●ここにも注目!

IKE_1453_01 IKE_1410_01 IKE_1395_01 IKE_1391_01

現行ラインナップ最大のボディサイズと5つのドアを持つことで、ミニの名を持つクルマの中で最も高い実用性を誇るクロスオーバー。
143ps/31.1kgmのディーゼルユニットは、JC08モードで16.3km/Lと燃費もなかなか良好だ。

取材・文/嶋田智之 撮影/池之平昌信
(本文の内容は2015年時点のもの)

■関連記事
ビームスライツのBIGバッグインバッグは本誌付録史上最高級の出来です!【MonoMax8月9日発売号特別付録】
78236-syusei

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【幸運を呼び寄せるベスパ!?】マニアならずとも惹かれる!龍が描かれた「Vespa 946 DRAGON」が超プレミアム

【強力コラボスニーカー】シカゴのストリートの風をまとったホカ「Tor Summit」は見逃せない!

【鋭い切れ味自慢の逸品】18Wayのマルチツール、圧倒的にタフな鉈ほか アウトドアの達人を気取れる「薪割りナイフの最新版」3選

マツコも絶賛した「人気上昇中の豆腐バー」食べ比べ、ローソンのヤバすぎる禁断コラボ ほか【コンビニグルメの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【大ヒット日用品】コスパ最強!暮らしが激変する傑作揃い「アイリスオーヤマで本当に売れた家電ほか」ベスト5

【結論!ナンガのコラボ付録は最高に使える】1週間使って分かった12個ポケット・ショルダーバッグの実力

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!