MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【上質でセンスのいい限定車】プジョー308“ブルーナッパレザーエディション”は注目必至!

執筆者:

プジョー308に、ブルーのナッパレザーシートやパノラミックサンルーフを装備した特別仕様車「308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション」が登場

この記事の画像一覧を見る(6枚)

プジョーのCセグメントハッチバック「308」に、ブルーのナッパレザーシートやパノラミックサンルーフを装備した特別仕様車「308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション(Blue Nappa Edition)」が設定された。プジョーの魅力のひとつに気取らない実用性の高さがあげられるが、その一方で上質でセンスのいい仕立てや心地よいカラーリングも大きな特徴となっている。この特別仕様車はそんな個性が詰まった1台で、Cセグメントモデルとは思えないプレミアムな雰囲気、ドイツ車では味わえない柔らかさは大きな注目を集めそうだ。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

最大のポイントは上質でセンスのいい“ブルーのナッパレザーシート”

プジョー308は、フォルクスワーゲン ゴルフやルノー メガーヌなどとともに、欧州を代表するCセグメントでコンパクトモデル。2022年4月に日本デビューを果たした現行型は、個性的なデザイン、質感の高い素材が使われたインテリア、ダイナミックで小気味のいい走りで、欧州はもちろん日本でも人気モデルとなっている。

そんなプジョー308に今回登場した限定車「308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション」は、1.5Lディーゼルターボを搭載するハッチバックモデルの308 GT BlueHDiをベースに、フランス車らしいセンスと気品を盛り込んだ特別仕様車。

落ち着いたブルーのカラーリングはインテリアの上質感を高めている

しなやかな触感が特徴の上質なブルーのナッパレザーシートを採用注目はモデル名ともなっている「ブルーのナッパレザーシート」。しなやかな触感が特徴の上質なナッパレザーはインテリアの質感や座り心地を高め、落ち着いたブルーのカラーリングは上質感をさらに高めることに成功している。シートには繊細なステッチが入り、前席シートにはシートヒーターも備わる。

パノラミックサンルーフ、フォーカル社製の音響システムを特別装備

しなやかな触感が特徴の上質なナッパレザーシートにパノラミックサンルーフを装備

フランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL社のプレミアムHiFiオーディオシステムも特別装備またこのほか、308ハッチバックでは初採用となるパノラミックサンルーフ、フランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL(フォーカル)社のプレミアムHiFiオーディオシステムも特別装備。パノラミックサンルーフは室内を開放感溢れる空間に仕上げ、690W 12チャンネルの高性能アンプと10個のスピーカーからなるフォーカル社の音響システムは室内を豊かな音場に作り上げる。

ボディカラーは、新色のアルタンスグレーと人気のパールホワイトの2色を設定ボディカラーは、新色のアルタンスグレーと人気のパールホワイトの2色を設定。車両価格はアルタンス グレーのボディカラー(限定80台)が472万1500円、パール ホワイトのボディカラー(限定120台)が474万3500円となる。

主要装備はベース車の「308 GT BlueHDi」に準じており、マトリックスLEDヘッドライトや18インチアロイホイール、革巻小径スポーツステアリングホイール(ステアリングヒーター/パドルシフト付)、車両の周辺を俯瞰映像で確認できる360°ビジョン、コネクテッド機能を備えた最新のインフォテインメントシステムi-Connect Advancedなどが標準で備わる。

限定車「308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション」は200台限定で、8月26日より全国のプジョー正規ディーラーで販売を開始する。

限定車「プジョー 308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション」スペック

全長×全幅×全高 4,420×1,850×1,475mm
ホイールベース 2,680mm
エンジン 直列4気筒DOHCディーゼルターボ横置
総排気量 1,498cc
最高出力 96kW(130PS)/3,750rpm
最大トルク 300Nm(30.6kgf・m)/1,750rpm
トランスミッション 8速AT
駆動方式 FF
メーカー希望小売価格 ¥4,721,500(税込)

文/近藤暁史 写真提供/ステランティス ジャパン

この記事の画像一覧
  • プジョー308に、ブルーのナッパレザーシートやパノラミックサンルーフを装備した特別仕様車「308 GT BlueHDi ブルーナッパレザーエディション」が登場
  • ボディカラーは、新色のアルタンスグレーと人気のパールホワイトの2色を設定
  • 落ち着いたブルーのカラーリングはインテリアの上質感を高めている
  • 【上質でセンスのいい限定車】プジョー308“ブルーナッパレザーエディション”は注目必至!
  • しなやかな触感が特徴の上質なナッパレザーシートにパノラミックサンルーフを装備
  • フランスのハイエンドオーディオブランド、FOCAL社のプレミアムHiFiオーディオシステムも特別装備

この記事の画像一覧を見る(6枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!