MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

たばこの個性を左右する、葉たばこ。栽培からブレンドまでを徹底解明!

執筆者:

葉たばこの苗

この記事の画像一覧を見る(10枚)

銘柄によって異なる、たばこの香りや味わい。その特徴は千差万別で、それぞれが個性豊かに表現されています。では、その決め手となるのは? 答えはもちろん、主原料となる葉たばこです。身近にあるのに案外知らない、葉たばこの奥深き世界を探り、ひとつの銘柄が完成するまでをご紹介します。

プロ直伝「40代からの“ミドル脂臭”」対処法、“男性更年期検査”体験レポート ほか【美容・健康の人気記事ランキング】(2024年6月版)

たばこは植物。あの野菜の仲間!?

紙巻きたばこも加熱式たばこも、欠かせない主役はたばこの葉っぱ。乾燥して刻まれ、製品化した葉たばこは毎日手にしていますが、加工される前の“植物としてのたばこ”、葉たばこを見たことがありますか?

そもそも葉たばこは、ナス科の植物。ナスやトマトやじゃがいもと同じ科目に属しているんです。

南米を原産に世界100カ国以上で栽培されていて、日本では江戸時代から耕作されています。

現在主流となっているのは「ニコチアナ・タバカム」という栽培種。「黄色種」「バーレー種」「オリエント種」などに細分化され、それぞれ味や香りに個性があるというワケです。

黄色種

「黄色種」は、主に温帯地域で栽培されていて、生産量は世界最多。肉厚な葉はその名のとおり鮮明な黄色で糖含量が高く、甘みを含む豊かな香りが特徴です。

バーレー種

「バーレー種」は、「黄色種」よりやや涼しい地域で育てられている品種。背丈が高く、葉は大きく育ちます。葉は薄い褐色。煙量が多く、キック感は強め。チョコレートのような香りが漂います。

オリエント種

「オリエント種」は、地中海気候の地域で栽培。ほかと比べて背丈は低く、葉も小さいです。「黄色種」や「バーレー種」の味と香りを調和する役割を担います。

現在日本では、32の県で葉たばこを栽培。主に、西日本では「黄色種」、東日本では「バーレー種」が生産されています。

葉たばこの未来のための研究開発

JTが栃木県小山市に構える「葉たばこ研究所」

JTが栃木県小山市に構える「葉たばこ研究所」では、新しい品種の開発、栽培の研究、効果的な乾燥方法の構築など、葉たばこの研究開発が行われています。成分分析や喫味評価を通じて、ターゲットとする味と香りを有する葉たばこができたか評価され、既存のたばこ製品のアップデートや、新たなたばこ製品が開発されているのです。

この記事のタグ

この記事を書いた人

コマツショウゴ

エディター・ライターコマツショウゴ

フリーランスのエディター・ライターとして、雑誌やウェブメディアの企画を手掛ける。ファッション、カルチャー、アウトドアのジャンルを中心に、幅広く活動中。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「新型アイコスに新カラー登場」加熱式たばこ“IQOS イルマ i シリーズ”3機種に新色グリーンが仲間入り

「アイコスの人気カラーがついに」加熱式たばこ“IQOS イルマ i”のビビッドテラコッタが主要コンビニなどで限定販売開始!

ドンキマニアがレポート「2980円の驚安ウォッチ」、3COINSで完売“大バズり時計”ほか【ガジェットの人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

【秘蔵のスコッチ・ウイスキーを精選】26年以上の熟成年数を誇る「シークレットスペイサイド」コレクションがリニューアル

【IQOS日本上陸10周年】うれしい新機能が追加!新型加熱式たばこ「IQOS ILUMA i シリーズ」の日本販売がスタート

【目黒蓮も感動の美味しさ】17年ぶりの新ブランド、キリンビール「晴れ風」の味わいを試飲レポート!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!