MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【夏と冬のニオイケアは異なる!?】厚着、暖房…意外と汗をかく! 冬におすすめのボディシートとは?

執筆者:

「メンズビオレ 顔もふけるボディシート 肌ケアタイプ」

この記事の画像一覧を見る(2枚)

女性が抱える健康課題を技術や知識、サービスで解決することの総称とされるフェムテック・フェムケア。男性版のメンテック(オムテック)も注目されるようになっている。メンテックは様々な男性の健康課題が含まれるが、そのひとつにニオイケアがある。ニオイケアというと夏を連想するが、実は冬もニオイ対策をすべき季節だ。

通勤、厚着、暖房……冬も汗をかく要素が満載! 夏と冬のニオイケアは異なる!?

花王の「男の肌・ニオイ研究所」によると、冬の電車に乗っていて、暑いと感じたことのある人は7割近くにのぼるそう。特にダウンや厚手のコートを着ていればなおさらだろう。冬の電車内で首筋に汗が垂れる経験をした人も少なくないはず。

汗をかくと気になるのがニオイだ。汗そのものは無臭であることが多いが、汗が皮膚の表面で皮脂やアカなどと混ざりあうとニオイが発生する。特に30代以降の男性はミドル脂臭や加齢臭などニオイに悩まされがちなため、よりしっかりとしたニオイケアが必要となる。

代表的なニオイケア対策アイテムといえば、体をふいて汗やニオイを拭き取るボディシートと、お風呂で体を洗うボディウォッシュ。これらアイテムは夏も冬も使えるが、冬は乾燥が気になるので、肌のうるおいを奪わないものを選ぶのが大切だ。体が冷えすぎないように、使ってひんやりしないものを選ぶのもポイント。

また、冬は屋内の暖房の加減が大きく影響するため、汗をかくタイミングが予測しづらい。そのため、出先でもサッとケアできるボディシートを使うのが冬のニオイケアの有効な手段だろう。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【美容のプロが注目する 薄毛ケア】日本初!“針なし注射”で皮下まで薬剤を注入できる「超注目の最新発毛治療」とは?

【老け顔対策】目もとの印象が“若見え”のポイント!? クワトロボタニコの最新シワケア美容液に注目

【美容のプロが注目する スキンケア3選】この時期つらい肌のムズムズ対策に定評あり!“有効成分別”傑作選

【美容のプロが注目する 花粉ケア3選】“鼻ワセリン”も有効!? 最新 花粉対策コスメ傑作選

【ハンズの大ヒットモノ】コスパ最強!暮らしが激変する…「ハンズで売れた日用品」ベスト5

【イスでもベッドでもマッサージできる!?】ドクターエアの最新「3Dマッサージシート flatty」が使え過ぎて快適

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!