MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「アルトもついに100万円超え!?」安全に向けての進化が鮮明に!スズキの人気車種が一部改良して新登場

執筆者:

アルトには後退時車両直後確認装置の装着のほか、インパネのUSB電源をタイプA1個&タイプC1個に変更

この記事の画像一覧を見る(5枚)

スズキがアルト/ラパン/スペーシアベース/クロスビーの仕様変更を行った。「後退時車両直後確認装置」の装着を義務づける法規への対応がメインだが、アルトとクロスビーについてはそのほかの変更も行われている。アルトとクロスビーは12月13日より、ラパンとラパンLC、スペーシアベースは12月21日より販売を開始する。

メーターパネル内にリアパーキングセンサー作動表示灯を追加

新型車は2022年5月から、継続生産車は2024年5月から、「後退時車両直後確認装置」の装着が義務づけられている。その法規制では、車体の後方0.3mの位置から3.5m、高さ0.8mの範囲までの障害物を確認できなければならないとしているが、その確認の手段として、カメラ、検知システム、ミラーが指定されている。

法規対応として「後退時車両直後確認装置」を装着

メーターパネル内にリアパーキングセンサー作動表示灯を追加スズキでは、2023年10月にワゴンRシリーズとスイフトスポーツのAT車を、11月にはワゴンRとスイフトスポーツのMT車を一部変更しているが、それはいずれもこの法規対応に対応するためのもので、この時、「後退時車両直後確認装置」としてメーターパネル内にリアパーキングセンサー作動表示灯が追加されている。

アルトとクロスビーは12月13日、ラパンとラパンLC、スペーシアベースは12月21日から販売を開始今回のアルト/ラパン/スペーシアベース/クロスビーの一部変更もこのためのもので、ワゴンRシリーズやスイフトスポーツと同様、メーターパネル内にリアパーキングセンサー作動表示灯が追加されている。なお、アルトとクロスビーは以下の仕様も変更された。

アルトには後退時車両直後確認装置の装着のほか、インパネのUSB電源をタイプA1個&タイプC1個に変更■アルトの変更点

  • インパネのUSB電源ソケットを「タイプA2個」から「タイプA1個+タイプC1個」に変更
  • 車体色「ホワイト」をL(アップグレードパッケージ装着車)、ハイブリッドS、ハイブリッドXにも設定

クロスビーではハイブリッドMXにもリアパーキングセンサーを追加■クロスビーの変更点

  • ハイブリッドMXにリアパーキングセンサーを追加

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【アルファロメオのミドルサイズSUV】通常モデルよりもお得に!「トナーレ」に台数限定の特別仕様車が登場

【漆黒のボディカラー】シトロエンの特別仕様「エディション ノアール」は人気シリーズとなるか!

【絶大な人気を誇るスズキの本格派】スズキ「ジムニー/ジムニー シエラ」が仕様変更、法規対応に伴う改良で安全性が向上!

【三菱の世界戦略車がついに】新型「トライトン」販売開始!先行予約好調で日本でピックアップトラックの人気再燃か

【脅威の高コスパモノ】大バズり中“泡洗車用フォームガン”がついに電動化 ほか 「コメリの価格破壊」最新アイテム3選

最高傑作!ホンダの新型「N-BOX」、洗練された“黒”のフィット ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!