MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集使用レポート

【一家に一台ほしい】“スマホ専用のテプラ”がすごい…ラベルを作って貼るだけにとどまらない新体験を提案『使用レポート』

執筆者:

“グッドデザイン賞”を受賞したスマホ専用「テプラ」

この記事の画像一覧を見る(19枚)

カバン、財布、時計、ファッション、アウトドア、文具、家電、乗り物、グルメ・お酒など、あらゆるジャンルの中から、MonoMaxスタッフが気になるものを使って試して、その実力に迫っていく使用レポート!

書棚や収納ケースにモノはしまったけれど、いざ取り出そうというときにどこにしまったけ?と探し回った経験はないでしょうか。使いたい時にすぐに道具を取り出せるようにするためにも、目印の一環としてオフィスの備品やファイルに「ラベル」を貼り付けるのは重要ですよね。そのときに大活躍するのがキングジムの「テプラ」シリーズです。なにやらシリーズ史上初のスマホ専用モデルが発売されたという耳よりの情報をキャッチ。ひとつ作れば、もうひとつ作りたくなる!その抜群の実力をレポートします。

プロダクトデザイナーの柴田文江氏が手掛けたデザインは“グッドデザイン賞”受賞

ラベルプリンター「テプラ」PRO “MARK” SR-MK1 カラー:ブラック

キングジム ラベルプリンター「テプラ」PRO “MARK” SR-MK1(カラー:ブラック)
¥17,000(税抜き)

本体デザインのプロダクトデザイナーを手掛けた柴田文江氏

プロフィール:柴田 文江氏 
デザインスタジオエス代表、プロダクトデザイナー。Design Studio S 代表。エレクトロニクス製品から、文具、家具、食器、ホテルなど、生活に関わるデザインを軸に活動している。

キングジム ラベルプリンター「テプラ」PRO “MARK” SR-MK1、通称MARKを初めて手にとったときの第一印象は「本当にテプラなの?」と思うほどのコンパクトさとスタイリッシュさでした。なんと、こちらの本体デザインは、プロダクトデザイナーの柴田文江氏が手掛け、シックなカラーとシンプルで細やかなディテールが際立つ形に仕上げています。

“MARK”の購入者アンケートで要望の多かった「ブラック」が新色として仲間入りし、ベージュとブラックの2色から選べるようになりました。

現代機器と融合したスマホ専用モデルでラベル作成をより簡単に

“グッドデザイン賞”を受賞したスマホ専用「テプラ」実は、従来型のテプラと比べて文字を入力するキーボード部分がなくなっているんです。では、肝心な文字入力はどこでするの?と思った方も多いはず。そう!文字入力は、「テプラ」PRO用アプリを経由して行えるんです。これはまさに、スマートフォンの普及が進んだ今だからこそ実現できた新スタイルと胸の高まりが止まりません。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【U5000円の完全ワイヤレスイヤホン】耳への負担が少なく、うれしい機能も搭載「OPPOの新型」その実力は?

【ロフトの大ヒットモノ】コスパ最強!暮らしが激変する…「LOFTで売れた日用品」ベスト5

【ドンキでバズり中】胃カメラみたいに耳の中を見ながら耳掃除…「イヤークリーナー」はある意味危険!? 実力をぶっちゃけレポート

【劇的に暖かい】360度“巻く”ヒーター、電熱ダウンベスト ほか「おすすめ温活グッズ」ベスト5

【すごすぎる外付けSSD】容量1TBながら驚くほどに小さい!これさえあれば仕事もプライベートも超快適/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.44

【カシオ初の名作時計が復刻】世界限定4000本、現代の技術で蘇った「カシオトロンQW02」が見逃せない!

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!