MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集使用レポート

【中型バイク界に“黒船”到来】話題沸騰中のハーレー・ダビッドソン「X350」を体験してみた!

執筆者:

ハーレー・ダビッドソンの中型モデル「X350」

この記事の画像一覧を見る(18枚)

2023年の秋に発売され、一躍話題を呼んだ米国が世界に誇るモーターサイクルブランド、ハーレー・ダビッドソンの中型モデル「X350」。まずこのモデルが発売されるという情報が出た際には、「え、本当?」と驚きと疑問の声が飛び交ったが、実際に販売され、現役のライダーやバイク好きだけでなく、多くの人たちが注目をした。

確かにハーレーダビッドソンといえば、どのモデルも排気量が大きく、大型二輪免許を持っていなければ乗ることができない。そんなハーレーから中型免許で乗ることができるモデルが登場したと聞けば、それは聞き捨てならないという人もきっと多い。そんな大注目の新型ハーレー、その走りはいかほどのものなのか?今回は街乗り&ツーリングを体験してみた!

アクティブ&カジュアルなストリートトラッカー

アグレッシブなその見た目も魅力のX350普通二輪免許で乗ることができるハーレー・ダビッドソンというだけでなく、そのアグレッシブな見た目にも注目が集まっている「X350」。このスタイルは、その昔ハーレー・ダビッドソンのレーシングマシンとして全米のレースシーンを席巻した伝説的なモデル「XR750」のデザインをインスパイアしたものとなっている。

シャープなフォルムがスポーティさを演出しているタンクスポーティなボディは車重195kgと軽量で扱いやすく、シャープなフォルムのタンク&リヤフェンダーがライダーに“スピード感”を想像させる。またヘッドライトは“HARLEY-DAVIDSON”ロゴが点灯するシグネチャーLEDライトによってさりげなくブランドを主張。

軽快な走りを実現する前後17インチタイヤに制動力に優れる前後ディスクブレーキ(ABS装備)を搭載

リヤには減衰力調整可能なコイルスプリング付きモノショックを備えるそして快適な走りを支える足まわりには軽快な走りを実現する前後17インチタイヤに制動力に優れる前後ディスクブレーキ(ABS装備)、減衰力調整機能付きの倒立フォーク(フロント)と減衰力調整可能なコイルスプリング付きモノショック(リヤ)を備えている。

街乗りに最適な軽快な走りと安心の取り回し、そしてスポーティな見た目で気軽にバイクライドを満喫できるストリートマシンとなっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【ゼロハリ×F.C.Real Bristol】初のコラボラゲージはオールブラックのハードシェル!

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【傑作カバン大賞】忖度なしでガチ審査!ソフトキャリーバッグ部門ベスト3「バックパックにもなる二刀流に注目」

【傑作カバン大賞】忖度なしでガチ審査!スーツケース部門ベスト3「1位は多機能なのに驚きの3万円以下」

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!