MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【最高の発進加速を体験できる中型バイク】KTMのストリートネイキッド「390 DUKE」は爽快な走りが魅力!

執筆者:

刺激的な走りを楽しむことができるKTMのスポーツネイキッド390DUKE

この記事の画像一覧を見る(20枚)

扱いやすく、ストレスフリーな走りも魅力的な中型オートバイ。昨今、充実してきているクラスであり、バイクビギナーをはじめリターン、そしてベテランライダーまで幅広い層から支持されている。二輪メーカー各社から様々なモデルが展開されている中、アグレッシブなスタイリングで個性を放ち、確固たる存在感を示しているのが、近年ロードレースの世界選手権での活躍も目覚ましく、ビビッドなオレンジカラーが代名詞となっているオーストリア生まれのオートバイブランドKTM。

今回はそのブランドの新型スポーツネイキッド「390 DUKE」をご紹介。ブランドの魅力であるアグレッシブなデザインと刺激的な走りを継承し、手に入れることで、普段の何気ない移動を楽しいものへと変え、バイクライフを充実させてくれる一台となっている。

軽快な走りはそのままに個性と快適性に磨きをかける

ネイキッドカテゴリーを代表するシリーズの系譜を継承する390DUKEエッジの効いたシャープな形状のエアインテークネイキッドカテゴリーを代表するシリーズの系譜を継承する390DUKE。そのボディスタイリングを象徴するのが、エッジの効いたシャープな形状のエアインテークで、これがアグレッシブなキャラクターを際立たせている。また高品質な多層ウェット塗装で仕上げられた美しいカラーリングとテクスチャードシートカバーによって個性的な表情も演出している。

新設計のフレームに軽量なスイングアームを組み合わせているフレームは新設計となり、軽量なスイングアームと組み合わされ、移設されたリヤ・ショックアブソーバーを囲むように配置。ショックアブソーバーをオフセンターにマウントすることでシート高を下げるととともにエアボックスの大型化を実現している。これまでのモデルよりもシート高が低く設定されたシートは走行安定性やハンドリングを犠牲にすることなく、ライダーがよりアクセスしやすいようにデザインされている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

【バイク オブ・ザ・イヤー】大賞は「普通二輪MT免許で乗れる“憧れ”の一台」に決定!注目ベスト4選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!