MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【日常使いにちょうどイイ】ひとり乗り電気自動車「EV-eCO」のお手軽さがすごい!

執筆者:

ドアは一般的なクルマと同じ左右両開き仕様

この記事の画像一覧を見る(13枚)

移動を快適にしてくれるパーソナルなeモビリティ、様々なモデルが登場しているが、電動キックボードはちょっと乗りこなすのが不安、また電動バイクだとちょっと心許なく、雨天時には使えないなど感じる人も多い。

そこで今回ご紹介したいのが、株式会社アントレックスのビークル事業部が登場させた一人乗りの超小型電気自動車「EV-eCO」。好きな時に、好きなところへ行ける自由とそれを実現する主体性をテーマとして開発されたこのモデル。環境に配慮しながらも利便性と経済性を兼ね備え、ちょっとそこまでの気軽な移動を楽しくかつ快適なものとしてくれる。活用するのは近場がメインで、気軽かつ快適に使えるeモビリティが欲しいという人にマッチする一台となっている。

コンパクトなボディにメリットがたくさん!

自動車タイプ&カッコ可愛いデザインも魅力誰もが運転しやすい超コンパクトサイズが魅力乗用車スタイルのコンパクトで可愛らしいデザインにメリットがたくさん。まず一目見て分かる超コンパクトなサイズということで、クルマの運転が少し苦手という人でも細い路地や駐車の際の楽々。原動機付自転車(ミニカー)扱いなので、車検がなく、一般的な車に必要な車庫証明も不要となり、自宅やオフィス等の限られたスペースを有効活用できる。また原動機付自転車扱いもヘルメットは不要で、ランニングコストなども一般的な自動車と比べると格段に安く、お財布にも優しい。そしてEVなので、排気ガスを出すこともなく、走りも静かで環境にも優しいスマートなモビリティとなっている。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!