MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

特集編集長が注目する新作「コレ買いです」

これぞダイバーズウオッチの大谷翔平!? セイコー プロスペックス[SBEJ009]のスゴさにしびれた!/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.48

執筆者:

GMT機能&ロングパワーリザーブがすごい!

GMT機能を備えているそして特筆すべきなのが、GMT機能を備えている点です。ダイバーズらしい太くて力強い時・分針と、赤色を指して視認性を高めた秒針、その上にゴールドカラーで彩られたGMT針を追加。第二時間帯の現在時刻であったり、ホームタイムの24時間計として活用することができます。

「さすがだな!」と感心したのが、インデックスデザインです。GMT時計といえば、その機能を有効化するための24時間表示をベゼルに刻印したモデルが多いのですが、今作はあくまで60分を計測するための目盛をそのまま採用。代わりに、24時間表示は見返し部分に設けるに留めています。GMTという新たな実用性を獲得しながらも、あくまで土台はダイバーズにあるという心意気を感じさせるデザインで、そこも惚れてしまいます。

3日間(約72時間)というロングパワーリザーブも兼ね備えているムーブメントには、新キャリバー6R54を搭載。こちらが優秀なのはGMT機能を備えていることに加えて、3日間(約72時間)というロングパワーリザーブも兼ね備えていること。土日は使わずに置いていても駆動し続けているから、月曜日から再び使うタイミングで時刻合わせする手間がないのがいいんですよね。

ちなみに、4時位置と5時位置の間にさりげなくデイト表示も設けられているのも、いぶし銀な魅力だと感じました。

バツグンの蓄光性ダイバーズならではの基本性能も、実生活に役立ってくれそうに思いました。

たとえばバツグンの蓄光性。ご覧の通り、針もインデックスもベゼルマーカーも、暗所において極めて力強い光を放ってくれます。海中における視認性を重要視するダイバーズらしい性能ですよね。

ちょっとだけ長さを伸ばせるワンプッシュダイバーエクステンダー方式のクラスプを採用またなにげに便利なのが、ちょっとだけ長さを伸ばせるワンプッシュダイバーエクステンダー方式のクラスプを採用している点。もともとはダイビングで使うウェットスーツの上からでも難なく着用するためのギミックですが、日常生活においても、袖の上につけてみたりといったアレンジが可能になります。

この記事のタグ

この記事を書いた人

編集長 奥家慎二

編集長 奥家慎二

2010年よりMonoMax編集部に所属し、2020年より現職。腕時計を中心に、ファッション、クルマ、アウトドア、家電、スポーツなどあらゆるジャンルを担当。モノの背景にあるストーリーや作り手のこだわりをこよなく愛する。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)には便利グッズ評論家として出演。『ZIP!』『午前0時の森』(ともに日本テレビ)にはモノのプロとして出演するなど、テレビ、雑誌、WEBなどメディアに多数出演中。

Twitter:@MonoMaxWEB

Instagram:@MonoMax_tkj

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【クラシック×モダンな自動巻時計】フレデリック・コンスタントの話題作「クラシック プレミア」に待望の新作が追加

【夏らしい淡青のパイロットウォッチはいかが?】ジンのアイコン903シリーズを再設計した最新クロノグラフをチェック!

【今夏のダイバーズはコレが正解】ティソ「シースター 1000」の新作はバカンスからビジネスまで対応する万能モデルだ

【新自社ムーブメントを搭載】フレデリック・コンスタントの“40ミリ径”新作機械式時計が秀逸

【今夏大本命のダイバーズウォッチ】 ビクトリノックス「DIVE PRO」なら素材もムーブメントも“自分好みの1本”を選べる!

プロが指南する「腕時計投資の狙い目」、手が届く“ラグスポウォッチ”ほか【時計の人気記事 月間ベスト3】(2024年4月)

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!