MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【相撲人気好調】チケットは即完売!元関脇・豊ノ島が解説「大相撲夏場所はこの力士たちがアツい!」/『MonoMaxお相撲同好会』

執筆者:

【3】来場所以降が正念場! 110年ぶりに歴史を塗り替えた「尊富士」(※1)

豊ノ島 やはり、先場所で優勝した尊富士は外せないですね。先場所は勢いに乗ったという部分もありながら、大関戦もしっかり勝って地力の片鱗を見せています。先場所のような相撲が取れれば、今後も星を伸ばしていけるのではないかと思います。彼の相撲は、前に出る圧力が強いです。具体的には、相手を挟みつけて一気に自分の中心に持っていく力が強いですね。

お相撲同好会 それは、腕力があるということでしょうか?

豊ノ島 腕力だけではなく、腕から腰にかけての動きがしっかりと連動しているように見えます。腕力も強いと思いますが、相手の芯をしっかり捉えて、自分の体をしっかり連動させて押しているという印象があります。そんな巧さと、新入幕らしく前に前にという動きがうまくハマッたのが先場所だったのかなと思います。

お相撲同好会 上位陣にもプレッシャーを感じずに相撲を取っていたように見えました。

豊ノ島 逆に、大関など役力士(横綱、大関、関脇、小結の総称)の方がプレッシャーを感じていたと思います。角界の新星みたいな感じで注目されている相手とはやりにくいですよね。自分たちは番付が上だから勝って当たり前という立場だけど、相手は失うものはない状況で思い切っていけます。ただ、それで先場所はやられてしまった役力士たちも、今後はそうはいかないぞと思っているはずです。それでも尊富士の勢いが上回った場合は、大関候補と言ってもいいぐらいじゃないかと思います。

お相撲同好会 豊ノ島さんも現役時代、そんなプレッシャーを感じたことがありましたか?

豊ノ島 僕らのころは遠藤がそうでしたね。彼はまだザンバラ髪で、「ザンバラ髪には負けませんよ」という気持ちでいったのですが負けましたから。でも、それ以降は自分が連勝したりしました。

(※1)本記事は4月26日時点での情報を元に取材をしています。5月9日に夏場所の休場を発表した尊富士関。活躍が楽しみな力士として豊ノ島さんが魅力を語ってくださいましたので、そのままの内容でお届けします!

この記事のタグ

この記事を書いた人

大相撲をこよなく愛するスタッフによる「MnooMaxお相撲同好会」。毎場所、さまざまな角度から大相撲の魅力をお伝えします!

執筆記事一覧

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「親子でドハマり確定!玩具の最前線」最新パズルは達成感&爽快感がハンパない!“超考える”最新遊び道具3選

「親子でドハマり確定!玩具の最前線」水・陸・空…ラジコンの高性能化で遊びの幅が広がりすぎ!“超操る”最新外遊び道具3選

「親子でドハマり確定!玩具の最前線」水鉄砲も電動化は当たり前!? “超飛ぶ”最新外遊び道具3選

大人の遊び心をくすぐる「ジムニーのラジコン」、ドンキの怪しい…“5000円ガチャ”を回してみた ほか【ホビーの人気記事ランキング】(2024年5月版)

「デサントの心臓部に潜入」超機能的ウェアの秘密がここにあり!デサント プロの開発拠点“DISC OSAKA”の内部がすごかった

「ユニクロのラボに潜入!」アスリートの声で進化を遂げたウェアはどう開発された?服作りのヒントが散りばめられた研究施設を初体験

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

「ロマンあふれる腕時計」ザ・ニシオギの最新作は隕石と天然石で夜空の煌めきと神秘を表現した珠玉の一本

【入荷したら即完売を繰り返す】アタオのギミック財布「チェス」の新作もやっぱり買い!

今月のモノマックス特別付録

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ

「手ぶら派注目の付録」1280円でコスパ最強!4つの仕分けポケットが便利すぎるショルダーバッグ