MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ホンダの“使える”レジャーバイク】人気の原付二種「ダックス125」に待望の大人なニューカラーが仲間入り!

執筆者:

シティライドを満喫できる一台

低重心&長いホイールベースのスリムなスタイル低・中速域で力強い走りを発揮してくれる空冷123cc単気筒エンジン新たしくもどこかレトロな雰囲気も感じさせるもこのモデル。初代モデルが発売されたのは1969年とかなり昔の話。多くのライダーたちに愛されてきたレジャーモデルが現代風にアップデートされて2022年に登場した。登場するや否や、人気は急上昇、あっといういう間に人気モデルの仲間入りを果たした。

その愛嬌のある名前“ダックス”は犬種「ダックスフンド」からきているもので、そのスタイル(低重心&長いホイールベース)もイメージ通り。鋼板プレスを用いたT字型のバックボーンフレームを採用したスリムなボディに低・中速域で力強い走りを発揮してくれる空冷123cc単気筒エンジンを搭載。トコトコと心地よい鼓動感とスロットル操作に対してのダイレクトな反応が楽しめ、さらに左手のクラッチ操作がいらない自動遠心クラッチ&頻繁なシフトチェンジがいらない4速ミッションの採用で、バイクに慣れていない人でもちょっと練習をすればスムーズに乗りこなせる。

見た目とサウンドで気分を上げてくれるマフラーさらにリラックスしたポジションと座り心地の良いシート、気分を上げる見た目とサウンドのアップマフラーで気軽に快適なライドを楽しめるモデルとなっている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

安室淳一

ライター安室淳一

クルマ、バイク、自転車専門誌の編集を経てフリーランスに。現在は乗り物とそれに関連するギアやファッション、遊び方等を中心に、雑誌、WEB、カタログ、広告等で編集・執筆活動中。

執筆記事一覧


Instagram:@freerider1226

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!