KUROは存続できるのか?

一部報道で薄型テレビ事業からの

撤退を報じられたパイオニアだが

これはパイオニアによる発表でないことが

パイオニアのホームページより明らかになった。

 

ただ、現在パイオニアでは

構造改革案を検討しており

2月12日に発表されるとのこと。

 

先月、レーザーディスクの生産終了を発表しただけに

薄型テレビ事業の撤退も

ありえない話ではない。

 

プラズマテレビ、薄型テレビを牽引してきた

ブランドのひとつとして

KUROが撤退することは

デジタル家電業界にも大きな影響を及ぼしかねないので

可能な限り存続してほしいものです。

 

(岡安学)

 

パイオニアホームページ

パイオニア報道資料

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから