KUROやはり撤退に

パイオニアがディスプレイ事業から

撤退する内容の報道に対して

パイオニアからの公式発表でないことを

お伝えしましたが、

本日発表のパイオニアの構造改革によると

やはりディスプレイ事業から

撤退をすることが決定しました。

誤報であることを願っていましたが

結果は覆らず、先に報道されたとおりの

結果となった。

 

現在発売している商品を最後に

今後の自社開発を中止し

平成22年3月までに撤退する。

アフターサービスに関しては

事業撤退後も引き続き行われる。

 

また、光ディスク事業においても

合併を視野にいれた

損益改善策を進めていくといった一文もあり

最悪の場合、こちらも撤退する可能性がありそうだ。

 

今後、ホームエレクトロニクス事業は

オーディオ、DJ機器、CATV関連機器の3つに

絞っていくとのこと。

(岡安学)

 

パイオニアホームページ

報道資料(構造改革についてのお知らせ・PDF)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから