2009年のバーゼルワールドの傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年恒例の世界最大の時計展示会「バーゼルワールド2009」へやってきました。

あいにく雨が降ったり止んだり、微妙なお天気の日が続いています。

詳しくは誌面でお伝えするとして、今年は不況のせいもあり入場者はやや減ったか? という印象。

取材を半分終え、ここまでの全体的な傾向としては、

■価格の低下

不況のあおりを直で受けた業界だけに、それが価格にもダイレクトに反応。

あえて価格を下げた、お買い得なモデルが登場してます。

■クラシックへの回帰

各社から復刻モデルなどが 登場。見た目クラシックな

大人仕様のモデルを各社リリースしています。

■ケース径が一回り小さく

これまでの「デカ厚」から、やや小ぶりの時計が多少増えてる気が。

ケース径30mm台をよく見かけます。

ですかね。

まだまだ半分ですので、現状での印象ですが。

バーゼルレポートは5月10日発売の6月号に掲載します。

お楽しみに!

ちなみにここバーゼルでは、明日からサマータイム!

ということで、時間が1時間戻る。

そして睡眠時間が突然1時間減少。

私の明日AM9:00のアポイントが今日でいうところのAM8:00に。

そしてホテルを出るのがAM6:30に。

仕事の支度があるのでAM5:00起き。

サマータイム。なかなか大変な制度です……。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(火)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

MonoMax モノマックス 付録 ボストンバッグ ビームスライツ beamslights

あらゆるシーンで活躍するボストンバッグが980円で付いてくる…