カートのような電気自動車!

家庭用電源で充電可能なパーソナルモビリティ!

近未来のクルマとして注目されている電気自動車。エコで経済的なのは魅力的だが、乗り物としての楽しさやデザイン性においてはちょっと物足りない。そんな人にピッタリの一台を紹介しよう!それがイタリアのエストリマ社が開発・製造を手掛ける超小型モビリティ「BIRO(ビロ)」!カートのようなポップなデザインで、ちょっとした買い物や街乗りを楽しいものにしてくれ、また超コンパクトなボディが故、小回りも利き、脇道での走行や狭いスペースの駐車も安心。気軽に、楽しく、快適に街を走れるスマートな一台となっている。

着脱式のバッテリーもセレクト可能

リチウムイオンバッテリーを搭載し、電気モーターで走る。バッテリーは、航続距離に優れる固定式とボディから簡単に取り外せ、自宅やオフィスでの充電が可能な着脱式からセレクトできる。充電は家庭用コンセントでOK。2〜4時間(*着脱式の場合で固定式の場合は3〜6時間)でフル充電となる。

コンパクトなボディで狭い道や駐車も楽々

全長1740×全幅1030×全高1565(mm)のコンパクトなボディは、混雑した道路や狭い脇道などでもスムーズに走行が可能、またスクーターほどのスペースに駐車することもできる。ちなみに一般のクルマの駐車スペースにBIROは4台停められる。

最先端のキーレスエントリー

カードタイプの”Biroカード”によって稼働する最先端のシステムを採用。車外のカードリーダーにカードキーをかざしてロックを解除し、ハンドル横にあるカードリーダーに差し込むとスタートが可能となる仕組みで盗難防止にも優れている。またクレジットカードサイズなので財布に入れられて便利。

カラーセレクトで自分だけの一台に!

オプションでフレームとボンネットのカラーをそれぞれ99色からセレクトが可能。人と被らず、自分好みの一台に仕上げることができる。ちなみにベーシックカラーとして用意されているのはブラック、ホワイト、グリーンの3色。

楽しく乗れ、お財布にも優しい一台

ボディは大型のウインドシールドに囲まれ、その視野はなんと345度。広い視野は安全性を高め、また開放感も与えてくれる。走りもスムーズで、急な坂などパワーが必要な場合は、ブースト機能が活躍してくれる。一般のクルマと同じ普通自動車免許で乗ることができ、ミニカー登録として車庫証明や車検も不要、また重量税や取得税もかからず、さらに保険や税金なども安く維持費は原動機付自転車並みという驚くほど経済的。ちなみにシートは2つあるが、日本の道路交通法上、現状、乗車定員は1名となっている。

BIRO

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):1740(A)×1030(B)×1565(C)

最低地上高(mm):190(D)

動力:ブラシレス48Vモーター×2

最大出力:4kw

最大速度:45km/h

最大登坂斜度:20%以上

航続距離:55km以上(着脱式バッテリー)100km以上(固定式バッテリー)

*各満充電時の連続走行距離

重量:245kg(バッテリーなし)

価格:

サマー(サイドドア無しのモデル(左)) ¥1,580,000(税抜)

ウインター(着脱式サイドドア付きのモデル(右))¥1,830,000(税抜)

カラー:ブラック、グリーン、ホワイト(*オプションカラーは99色をラインナップ)

【問い合わせ】

BIRO STORE Tokyo TEL.03-6228-3164

公式ホームページ birojapan.com

取材・文/安室淳一 写真提供/BIRO JAPAN

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)