郵便配達車じゃないよ記念車だよ!

スペシャルカラーはアニバサリーのしるし!

1958年に初代モデル(スーパーカブC100)が登場して以来、低燃費と静粛性、そして信頼&耐久性に優れる4ストロークエンジンを搭載、乗り降りのしやすい低床バッグボーンタイプのフレームにクラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチなど、幅広い層のライダーに優しく、快適に乗れる、使える、楽しめるモデルとして、長きにわたり愛されてきたスーパーカブシリーズ。8月に迎えた発売60周年を記念し、特別なカラーリングが施された「スーパーカブ50&110・60周年アニバーサリー」モデルが11月22日に発売される。尚、受注期間限定(2019年10月31日(水))となっているので、手に入れたい人はお早めに!*写真は50ccモデル

スペシャルカラーを纏ったプレミアモデル

 そのデザインは、1963年にアメリカで大々的におこなわれ、それまでモーターサイクルに全く関心のなかった人々に、暮らしに密着した手軽な乗り物としてのモーターサイクルの新しい存在価値を訴えかけた大反響となった「ナイセスト・ピープル・キャンペーン」広告に描かれたイメージイラストをモチーフとし、マグナレッドをメインとしたボディカラーにツートーン仕様のシートやブラック塗装のリヤキャリアを採用し、特別なカラーリングが施されている。

 

ポップなスタイルに記念アクセントを散りばめる!

 マグナレッド&バージンベージュのポップなカラーリングのボディには、60周年のスペシャルアクセントがプラスされ、プレミアム感を一層盛り上げている。フロントカバーのクロームメッキエンブレムやサイドカバーの60周年記念エンブレム、またメーター周りのリングもクロームメッキとなっていて、さらに鍵までもスペシャル仕様。手に入れたら、乗って自慢をしたいけど、ずっと綺麗に飾ってもおきたいというジレンマに陥ってしまいそうなくらい、特別な一台となっている。ちなみに、カタログもスペシャル仕様となっているので、まずは手に入れ、期日までじっくりと悩んでみるも良いと思います。

SUPER CUB 50&110 60周年アニバーサリー

【スペック】*(110ccモデル)

全長×全幅×全高(mm):1860×695×1040

シート高(mm):735

総排気量(cc):49(109)

エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒

最高出力(PS/rpm):3.7/7500(8.0/7500)

最大トルク(kgf・m/rpm):0.39/5500(0.87/5500)

燃料タンク容量(L):4.3

燃料消費率 

   105.0km/L(30km/h定地燃費値)1名乗車時

(62.0km/L(60km/h定地燃費値))2名乗車時

*燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率です。

価格:¥243,000(税込)(¥286,200(税込))

カラー:マグナレッド

【問い合わせ】

ホンダお客様相談センター TEL.0120-086819

公式ホームページ www.honda.co.jp/SUPERCUB/personal/60thspecial/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから