「豊岡鞄」初の旗艦店がKITTE丸の内にオープン!

 

実は、日本最大のカバンの産地が兵庫県豊岡市だと、ご存知でしたか?

9月13日、「豊岡鞄」初の旗艦店が東京丸の内「KITTE」にオープンしました!

 

地域ブランド「豊岡鞄」とは…?

「豊岡鞄」は、2006年に地域ブランドとして認められた兵庫県鞄工業組合の登録商標のこと。「豊岡で育まれ、ものづくりの長い歴史と、職人の技術が生んだ、優れた鞄を消費者に安心して使っていただく」というコンセプトのもとに各企業が集い、厳しい審査に合格した製品のみが「豊岡鞄」と認定されます。

2カ月に一度開かれる認定審査会で基準を満たす製品は、5割程度だとか。縫い目のズレや持ち手の強度、内側の布の処理、底に無駄なダーツが入っていないかなどを細かくチェックされるそうで、何度も改良を重ねてやっと合格する製品も少なくないとのこと。豊岡の鞄職人のプライドを感じます。

お店にはビジネスに使える革鞄や帆布のトートバッグなど、メーカーそれぞれの特色を生かした商品がギュッと集まっています。

オンラインショップでは伝えきれない鞄職人たちの技術を実際に手に取ってみることができる豊岡鞄の旗艦店。これは足を運ぶ価値がありです。

 

豊岡鞄 KITTE 丸の内店
営業時間:11:00~21:00(日・祝日は~20:00)
TEL:03-6551-2529
https://toyookakaban.com

 

取材・文/横山博之 写真提供/豊岡K-site合同会社

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから