粋なモノ作りを展開する墨田区発のブランド「IKIJI」

服

日本の技術力に驚く!!メイド・イン・ジャパンクオリティーの本気を見ました!!

気がつけばもう9月も終盤で秋から冬へと季節が変わり始めています。
かといってアウターを用意するのもちょっと早い気もしますが、そろそろ冬仕度を始めたいのも本音。
というわけで、今回はこの秋冬に活躍しそうなトップスが、東京墨田区発のオリジナルブランド“IKIJI”より展開されていたのでご紹介していきます!

1 まずはこちらの温かいジャケットはいかがですか?

服

実はこのブランドは色々と面白い試みをしており、その一つがこちらのカットソー地のジャケットです。
パッチポケットのカジュアルなジャケットに見えますが、かなり機能的な一面も秘めております。

服

この素材には「リアルホット」と呼ばれる機能糸を編み込んだ生地を使用しており、特徴としては、保温性に優れ、熱が逃げにくく、乾きが早く、蒸れにくいというのがポイントです!
ということはこのジャケット一枚で保温性を確保できるので、アンダーウェアやインナーダウンなど何枚も着込む必要もなく、より体温調整がしやすいというわけです!
カットソー地の素材なので、気心地が良いのも嬉しいですね。

服

さらに後ろ襟が高く、首に沿うように設計されているので、第一ボタンを留めても形が綺麗に見え、防寒性も上がります。
ジャケットでありながら、アウターとしての機能も兼ね備えているものはなかなかないのではないでしょうか!

服

袖口は本格仕様の本切羽。
これなら袖口をまくったり、ボタンを外して着れるので、カジュアルライクに着るにはもってこいな仕様です。
これはこれからの季節に活躍しそうな1枚ですね!
品番:S11856002
素材:ウール72%、ポリエステル20%、ポリプロピレン8%
カラー:ネイビー、グレー
¥60,000
※10月下旬発売予定

2 特許も取得した、こちらのシャツもオススメですよ!

服

インナーとして活躍しそうなのはこちらのシャツ。
ウール100%のニットシャツなので、肌触りや保温性が高いのはモチロンですが、このシャツならではの特徴があります。

服

実はこのシャツ、袖口に秘密があって、ニットの伸びる特性を活かし、ボタンをわざわざ外さなくとも腕まくりができるんです!

さらに元に戻しても袖口が伸びてしまわないように作られているので、安心して腕まくりができます!
この“FREE SLEEVE”という技術がIKIJIならではの技術で、特許を取得した袖口になっています。
さらにボタンの縫製にはオーダーメイドや高級シャツで使用される鳥脚掛けでつけられており、さりげない高級感を演出してくれています。
これなら1枚で着ても着こなしに変化も出せますし、機能性やディティールからもサマになるシャツだと思います!
品番:S11856006
素材:ウール100%
カラー:グレーのみの展開
¥24,000

東京墨田区という、ものづくりの技術と伝統にあふれた街から生まれたブランド”IKIJI“。
今回紹介したアイテム以外にも、パーカやパンツなど新しい試みのアイテムが数多く展開するブランドです。
1点1点作りの良さが感じられるアイテムが多いので、是非とも店頭まで足を運んでみてください!

[問い合わせ先]
精巧
住所:東京都墨田区緑1-13-14
TEL:03-3634-6431
https://ikiji.jp/

スタイリスト 小林 知典

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから