ライダーを守る頼れるベスト

これからのライダーの常識、着用するエアバッグ

 

クルマの世界ではエアバッグは当たり前。しかし、鉄のボディで囲まれているクルマのドライバーよりも、エンジンに跨るだけのライダーの方がより必要性を感じられますよね。そんな万が一の事故の際にライダーの体を守ってくれる”着用するエアバッグ”というものがあることをご存知でしょうか。実はこのアイテム、1998年から販売されていて、ここ数年で着用率が高まり、一般のライダーが使用するだけでなく、オートバイディーラー等の試乗会でも活用されています。そんな着用するエアバッグ”ヒットエアー”は、現在、ジャケットやベストにエアバッグシステムを搭載したモデルとジャケットの上から着用するオールシーズンに対応した一体型エアバッグ・ハーネスモデルを展開しています。「備えあれば憂いなし」バイクライドをより楽しいものにするため、ライダーにとっての必須アイテムとなって欲しい逸品です。

着用するエアバッグの仕組み

事故等による転倒や衝突によってバイクからライダーが飛ばされた瞬間にエアバッグが作動するようになっている”着用するエアバッグ”。SHOCK-BUFFERING SYSTEM(衝撃緩和保護システム・エアバッグシステム)は、ライダーとバイク(ボディ)を伸縮ワイヤーで繋ぎ、ライダーがバイクから(一定の距離)離れた瞬間に、伸縮ワイヤーの先にあるキーボールが抜け、着用するエアバッグに搭載されたキーボックスが作動(展開時間は標準システムが約0.5秒、Sシステムが約0.25秒)、カートリッジボンベから炭酸ガス(CO2)が首気室、背中気室、脚気室、脇気室、尻気室へと送り込まれてエアバッグが瞬時に膨張して、ライダーへの衝撃を緩和してくれます。ちなみにエアバッグは最大限に膨らんだ後、徐々に炭酸ガス(CO2)が抜けて、圧迫感が解消されます。

ボンベを交換すれば、何度も使える

ヒットエアーエアバッグは、必ず上衣として着用することが原則。バイクに乗車する際、車両本体の所定位置に取り付けた伸縮ワイヤーの先端部コネクターとウェア側のコネクターを接合し、バイクとワイヤーで繋がった状態にして走行をします。そしてバイクを降りる際に、接合部をワンタッチでリリース。接合はシンプルかつ安心安全で、煩わしさもありません。また、エアバッグ自体も展開後にジャケットやベストに損傷が無ければ、CO2カートリッジボンベを交換することで、繰り返し使用することができます。

シンプルかつスマートなモデルも

とにかく安心感が欲しいというライダーは首部から尻部までの脊髄への衝撃をカバーするタイプを、一方、安全性や安心感は欲しいけど、見た目がゴツかったり、仰々しかったりではなく、スマートなデザインのものがいいというライダーや街乗りライダーにオススメなのが上半身への衝撃緩和と展開時間の早さを重視したVHRモデル。エアバッグ気室を固定収納するフラップ等を少なくしたボタンレス仕様とし、展開もスムーズなシンプルなエアバッグ構造を採用。さらにVHRは軽量で通常モデルと比べてタイトなデザインとなっているので、乗車時も風の抵抗を受けにくくなっているのもポイント。

ヒットエアーエアバッグシステムはその安全性と信頼性が評価され、国内の白バイ隊をはじめ、様々な国と地域の警察も採用しています。今後のバイクライフを安全に楽しむため、ライダーは是非、検討をしてみてください!

MLV-C(スタンダードタイプ)

価格:¥41,040(税込)

サイズ:L(M〜2XL対応)・2XL(2XL〜4XL対応)

VHR(シンプルタイプ)

価格:¥39,960(税込)

サイズ:S(XS〜M対応)・L(M〜XL対応)・2L(M〜XL対応)

*VHRモデルはサイズによってカートリッジボンベの容量が異なる

【問い合わせ】

無限電光株式会社 TEL.052-807-7750

公式ホームページ 

www.hit-air.com/motorcycle/

取材・文/安室淳一 写真提供/無限電光株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから