音楽を楽しめる一石二鳥のサングラス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

骨伝導を採用した進化系サングラス

徐々に日照時間が長くなり、日中必要となってくるアイテムが「サングラス」。陽射しや反射する光による眩しさを軽減し、また紫外線から目を守るのがサングラスの主な役目。ただ、種類がたくさんあってどれを選んだらいいか分からない、ファッション性だけで選ぶのもちょっと…と考える人に、ちょっと他とは違った使い方のできるサングラスをご紹介。VIBRA(ビブラ)のサングラスは、一見、シンプルなウェリントンタイプのものと思いきや、フレームの外側のテンプル部分に触れるとなんと音楽が聞こえてくる。そう、このサングラスはサングラスとしての機能だけでなく、音楽の視聴や通話機能を備えたアイテムとなっているだ。耳を塞がずに音を聞くことができるということは、普段はもちろん、スポーツやアウトドアシーンでもきっと活躍してくれるはず。ちょっと人とは違った進化系サングラス、いかがでしょうか!

骨伝導を用い、耳を塞がずに音が聞ける

このサングラスのフレーム(テンプル部分の内側)には骨伝導振動器が搭載。骨伝導という仕組みを聞いたことがある人もいるとは思うが、音というのは空気の振動であり、その振動が耳の中へと伝わり、それが音の情報となって脳へ、そして人はその空気の振動を音として聴いている。骨伝導は、空気を振動させることによって音を伝える音の原理を骨に変え、頭蓋骨を振動させることによって音を伝えることを利用した技術。これによって、耳を塞がなくても音を聞くことができ、普段はもちろん、自転車に乗る時やスポーツをする際も、音楽を楽しみつつ周囲の音も聞こえるので安全。また、LEDランプも付いているので、一目で充電の状態や電源のオンオフも確認可能となっている。

 

スマートタッチで操作も簡単

フレームのテンプル底部分に電源と音量調節とBluetoothペアリングボタン、そして充電端子を備える。またテンプル(外側)の先端部分には音楽を聴くだけではなく、通話や音声コントロールを行う内蔵マイクを装備。そしてテンプル(外側)側面部分には、指でタッチしたり、スライドしたりすることで、音楽の再生・停止、通話の開始・終了などの操作が行えるタッチエリアが設けられ、操作も簡単にできるようになっている。

偏光レンズでカラーは4種類

マットブラックのフレームにレンズは4種類。カラーは定番のスモークに渋目のシルバーミラー、クールなブルーリーボとインパクトを放つレッドリーボとなっている。レンズは全て偏光レンズとなっていて、路面・水面・雪面のギラつきだけでなく、クルマやビルのガラスによる眩しい反射光を抑えて、クリアな視界を確保してくれる。

ヴィブラ 骨電導スマートサングラス

フレームカラー:マットブラック(共通)

レンズカラー:スモークポラライズド、スモークポラライズド×シルバーミラー、スモークポラライズド×レッドリーボ、スモークポラライズド×ブルーリーボ

ケース、レンズクロス、耳栓、USB充電ケーブル、偏光レンズテストカード付属

¥27,000(税込)

【問い合わせ】

カスタマーサポート TEL.0538-67-1085

公式サイト 

e-mic.co.jp/vibra/

取材・文/安室淳一 写真提供/ミック

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月8日(土)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

SHIPS リュックサック 付録

モノマックスの付録、SHIPSのリュックはマザーズバッグとし…