雨に対応! オン・オフ対応! 靴ずれしづらい! 歩きやすい! あまりに優秀すぎる革靴を発見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

オフィスウェアのカジュアル化が進む昨今、靴選びに悩む方も多いのではないかと思います。

スニーカーが流行っているけど、職業柄きれいな革靴が履きたい、休日にスニーカーを履くようになってから、平日の革靴は足が窮屈で嫌だ……など、足元の悩みは尽きません。そんな中発見したのが、ブラックレーベル・クレストブリッジのスウェードローファー。圧倒的な快適さに加え、便利さ、美しさを兼ね備える、なかなかないシューズではないかと思います。実際に履いてみてその良さを実感したので、ここに紹介させていただきます。

快適な履き心地は、計算され尽くした形状にあった!

なにせこの靴は快適さが最大のポイントではないかと思います。何が快適かというと、それは履きやすさにあります。この靴の特徴はこのサイドから見た「履き口」の角度にあります。これは研究に研究を重ねることで導き出された角度なのだそう。こちらの写真をご確認ください。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

ご覧のように、かかとの上の部分からかなり傾斜があることが確認できるかと思います。

この靴を実際に履いてみるとこのような感じに。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

こちらの写真の◯で囲んだ部分がくるぶしになるのですが、比較的傾斜があり、つま先の方に角度がついているので、くるぶしが靴に当たらず靴擦れになりづらいよう作られています。

「多くの方の足の形状を参考にし、できるだけ多くの方のくるぶしが靴に当たらない角度を導き出しました。角度をつけすぎると、足が抜けやすくなるため、この靴では履き口からトゥーまでの面積を多くとることで、抜けづらい靴に仕上げています」(ブラックレーベル・クレストブリッジ 商品担当)

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

実際に履いて試してみましたが、確かにくるぶしには当たらないけど脱げはしない。ソールも表面のスウェードも柔らかいので、革靴ではなくスニーカーを履いているような感覚です。実際、筆者はくるぶしに靴が当たることが多く、これまで何足もの靴をあきらめてきた経験があり、世の中の靴がすべてこうあってほしいと思ったほど。

ブラックレーベル・クレストブリッジは洋服のイメージが強いので、靴にこれほどこだわっているとは正直なところ思っておりませんでした。それもそのはずで、このブランドのディレクターはシューズデザイナーの三原康裕氏なので、靴にもかなりのこだわりがあるという訳です。

ソールにも隠されたこだわりが

先程も少し触れましたが、履き心地の良さを実現している要素のひとつにラバーソールであることも挙げられます。こちらが靴の裏側です。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

「近年、ゲリラ豪雨があるので、『レザーソールが履きづらくなった』というご意見を数多くいただいており、あえて急な雨でも安心なラバーソールを採用しています。ラバーソールを採用したことによって、購入してすぐでも柔らかで履き心地がよいと感じられるのではと思います」(同・商品担当)

また、ラバーソールにはブランドのアイデンティティであるチェック柄があしらわれています。このソールはアイデンティティを表現していると同時に、滑り止めにもなっており、雨でも快適に過ごせるようになっているのだとか。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

また、雨ということでいうと、この靴はスエード素材を採用しながらもはっ水加工がされているので、雨でも水を弾いてくれます。実際水をかけてみると、見事に水を弾きました。急な雨がありそうなときに革靴ってなかなか履けないですが、こんな加工があると安心ですね。

そして今度はトゥーへのこだわり

まだ、ポイントは続きます。トゥーにもこだわりがあり、同じくトゥーの角度にこだわっています。トゥーが上がりすぎると学生っぽい雰囲気になってしまいがちなのですが、この靴はオンもオフも履ける設定で作られているので、中間を上手にとるように心がけたのだそうです。1~2ミリの角度で全然表情が変わるのだそう。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

そしてメイドインジャパンへのこだわり

この靴はメイドインジャパンで作られています。コバのステッチも非常にきれいに作られております。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

底にも「Made in Japan」の文字があしらわれました。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

どんな服にも合わせやすいデザイン

ローファーはもともとあらゆる洋服に合わせやすいアイテムですが、今回はスウェードを素材に採用することで、一層洋服に合わせやすいのではと思います。オンでもオフでも使える万能な靴なので、1足ストックがあればとても便利ではないかと思いました。突然の雨にも対応できるのもうれしいところです。

ブラックレーベル クレストブリッジ スウェードローファー

ちなみに素材にガラスレザーを採用したブラックもあります。スウェード素材ではネイビーのカラーもあります。

いかがでしたでしょうか? 靴のご購入をお考えの方、検討してみてはいかがでしょうか。

ブラックレーベル・クレストブリッジ スウェードローファー
¥28000(税抜)
問 SANYO SHOKAI カスタマーサポート 0120-340-460

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(水)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

マザーズバッグとして超便利! アーバンリサーチのツールバッグ…