• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 6月号

5月9日(土)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

アウトドアの進化!? 現代に合った提案をする「進化系アウトドアブランド3選」

アウトドアファッションが市民権をすっかり得た感のある今日ですが、現在のアウトドアファッションというのをみなさんご存じでしょうか?
例えば90年代は、アウトドアで有名なブランドというのが少なく、みなが同じブランドのアウターを着ていました。
では2019年の今はどうかというと、同じアウトドアの中でも明確なコンセプトを打ち出すブランドが増え、購入者にも選択肢が増えたと思います。
今回紹介するのは、その中でも注目度と人気がともに高く、今現在のアウトドアを表す「進化系アウトドアブランド3選」と銘打ち、ご紹介していきます。

1 “歩くための機能服”をコンセプトに掲げるのは“アルクフェニックス”!

アウトドア

まず、進化系アウトドアブランドの筆頭として外せないのが“アルクフェニックス”。
日本が誇るスポーツメーカーであるフェニックスが提案する、都市生活におけるアウトドアの楽しみ方を具現化したのがこのブランドです。
そもそものコンセプトが“歩くための機能服”なので、都市生活における様々なTPOが考えられて付けられた機能がポイントです。

アウトドア

例えばこのアノラックですが、生地には超撥水素材EPIC®を採用しており、多少の雨であれば水滴をバッチリ弾いてくれます。
さらに非常に高い導電性とコロナ放電性を持つ機能繊維Thunderon®(サンダーロン)を内側のステッチ内に縫製し、摩擦によって起こる静電気の発生を抑制してくれるので、水にも強く、化学繊維なのに静電気も抑制してくれる素晴らしい素材なんです。

アウトドア

随所に配したブラックのリフレクタープリントは、夜間歩行時の視認性を確保してくれます。

アウトドア

フロントには大型ポケットがあって、ちょっとした手荷物であればすべて収納できます。

アウトドア

内側も2重構造になっており、貴重品も収まりそうですね。

アウトドア
シャツ¥20,000、パンツ¥29,000/ともにアルクフェニックス問フェニックス クリエイティブ セレクト ストア、サングラス¥61,000/アイヴァン 7285問アイヴァン 7285 トウキョウ、スニーカー¥9,000/コンバース スケートボーディング問コンバースインフォメーションセンター

都市を散策するイメージであれば、歩きやすいスニーカーにサングラスを足し、落ち着いたトーンでまとめれば、大人の休日にふさわしい装いになりますよ。

撥水性、静電気軽減、生地の耐久性、収納力、さらに夜間歩行時の視認性確保などを完備。
しかも付属のサックに収めるとパッカブルで持ち運びできるというあふれるほどの機能性の高さ。
まさに都市生活における歩くための機能服と言えるのがこのブランド、“アルクフェニックス”です。
都市生活を送る方にぜひともおすすめしたいブランドなので、チェックしてみてください!

ブランド名:alk phenix(アルクフェニックス)
モデル名:zak anorak /EPIC®
カラー展開:ライトグレー、ブラック、ネイビー(3色展開)
素材:EPIC®NY 20d 2-wayストレッチリップストップ(ナイロン100%)
サイズ展開:S/M/L/XL
¥36,000(税抜き)

[問い合わせ]
フェニックス クリエイティブ セレクト ストア
住所:渋谷区神宮前6-7-10 ネスト原宿1F
TEL:03-5778-4006
URL:https://www.alkphenix.com/

2 オーラリーのデザイナーが手がけるのは“デサント ポーズ”。

アウトドア

今や世界にも進出しているドメスティックブランド“オーラリー”のデザイナーである岩井 良太氏が手がけているのがこのブランド。
デサントがトップアスリートのために開発してきた技術や素材を、日常に落とし込み日々の生活をより快適にするユーティリティーウェアをコンセプトに掲げています。
2015年から始まったブランドですが、話題性と高いデザイン性もあり、あっという間に人気になったブランドです。

アウトドア

このブランドの中で、人気が高いといわれているセットアップですが、今季のジャケットも秀逸です。
コットンタッチに織り上げたナイロン織物を、特殊加工により繊維を縮め、独特のハリと風合いを出しています。
この折り目のつまった組織は防風性にも優れ、さらに撥水加工により軽い水しぶきなら弾いてくれます。

アウトドア

胸ポケットやフラップにはレーザーカット、熱圧着加工を施しており、ウールのクラシックなジャケットより気軽に羽織れ、タウンユースにも適しています。
セットアップで着れば、風や水に強く適度なフォーマル感もあり、MonoMax世代におすすめできる、カジュアルセットアップの代表格です!

ブランド名:DESCENTE PAUSE(デサント ポーズ)
モデル名:TAILORED JACKET
カラー展開:イエローブラウン、サンドベージュ、ソイルカーキ、ネイビー、ホワイト(5色展開)
素材:ナイロン100%
サイズ展開:S/M/L/XL
¥32,000(税抜き)

[問い合わせ]
デサント ブラン 代官山
住所:渋谷区猿楽町19-4 CUBE代官山C棟
TEL:03-6416-5989
URL:https://descentepause.com/

3 フィッシングウェアの先駆けでもあり、最前線でもあるのは“ダイワ”。

アウトドア

釣り好きの方にはお馴染みのブランドですが、実はこのブランド、恐ろしくカッコいいのです。
フィッシングウエアといえば、ポケットが多く、いろいろ用具が収納できて、海に強いくらいのイメージしかありませんでしたが、最近のフィッシングウエアはスゴイです。
まず、「フィッシング用のアウター」と言われなければそうは見えません(笑)。

アウトドア

夏時期の雨といった蒸し暑いシチュエーションに最適な透湿防水素材レインマックス® 2.5層素材採用のショートスリーブレインジャケットです。
レインマックス®とは衣服内の蒸れを外部に放出し、雨風を防ぐレインギアなどのために開発された機能素材。まさにフィッシングウエアとして最適なんです。
フロントは止水ファスナー、フードには雨返しを採用しており、急な雨や、ボートや船の移動時にも水しぶきで身体を濡らさない構造と機能になっています。

アウトドア

さらに左胸のポケットに収納できるポケッタブル仕様のため、カバンに入れておいて現地で着るなど、携帯性にも優れています。
タウンユースでも活躍しそうなデザインのアイテムが数多く揃えているのもこのブランドの特徴。
釣り好きでなくとも、このブランドの魅力を担当できるはずです。

ブランド名:DAIWA(ダイワ)
モデル名:レインマックス® ポケッタブル ショートスリーブ レインジャケット
カラー展開:ブラック、イエロー、グリーンカモ、モロッカンブルー(4色展開)
素材:ナイロン100%(レインマックス® 透湿防水加工2層)
サイズ展開:M/L/XL/2XL/3XL
¥16,200(税抜き)※(サイズとカラーにより値段が異なります)

[問い合わせ]
グローブライド
TEL:0120-506-204
URL:http://www.daiwa.com/jp/

歩く、ユーティリティー、釣りなど、様々なコンセプトを元に展開する3つのブランドを紹介しました。
一概にアウトドアといっても、今では多種多様になり、一括りにできないほどいろんなジャンルやシーンを想定されたモノ作りが行われています。
様々なアクティビティが増え、アウトドアも本格派していくこれからの季節、ご自身の予定も考え、ぴったりなアイテムをぜひ見つけてください!

構成、写真、文章、スタイリングすべてスタイリスト 小林 知典

その他の問い合わせ先
●アイヴァン 7285 トウキョウ☎03-3409-7285

●コンバースインフォメーションセンター☎0120-819-217

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

ビームス BEAMS monomax モノマックス

BEAMSのトートバッグは創刊150号記念付録だからできた豪…