”カッコカワイイ”折り紙バッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

斬新かつ個性的な”遊び心”を感じさせるバッグ

子供の頃、男女問わず、遊んだことのある日本伝統の遊びといえば”折り紙”。現在では”ORIGAMI”という呼称で世界でも広く知れ渡っています。

 今回はそんな折り紙をヒントとして台湾で生まれたちょっと個性的でユニークなバッグ「ORIBAGU(オリバグ)」をご紹介。主に動物をモチーフとしたデザインとなっていて、様々なモデルを展開。贔屓にしている動物のモデルを手に入れるというのもアリ。

 ちょっと子供っぽかったり、女子っぽいなとお思いの男性の方、それは少々早合点。もちろん、可愛らしいモデルもありますが、カラーや素材、そしてモチーフとなる動物によってガラッと雰囲気が変わり、中には”カッコカワイイ”と感じさせるものも。

 バッグは物を入れて運ぶという機能性と同時にファッションアイテムとしても重要な役割を持っている。カジュアルに使え、個性も演出、さらに女性ウケも良さそうなこのバッグ、あなたのコレクションの一つに加えてみてはいかがでしょうか!

折り紙アート+機能性=ORIBAGU!

ORIBAGU(オリバグ)という名前は、「ORI」は日本語の折り紙の略語で、「BAGU」はバッグ(BAGGU)を意味。日本伝統の折り紙アートを大切にし、動物をコンセプトとした、モダンで洗練されたアイテムを展開している。ボディの素材には、ファブリック、PU合皮、ポリエステルなどを使用し、一枚の紙を折り返し折ることで出来上がる立体的な折り紙アートを基に、そこに実用的な機能を組み合わせ、生活の中に活かすアイテムとして生まれたバッグとなっている。

存在感の高さで選ぶならバックパック

ORIBAGUは、様々なタイプのバッグを展開。中でも存在感が高く、個性が際立つのがバックパック。その中でも男性にオススメなモデルは、人工皮革+ナイロンを組み合わせ、革を使用することで動物の細かい表情やより立体感のある顔を実現した精悍なライオンや人工皮革を使用し、全体にマーブル柄をあしらい、スタイリッシュに仕上げられたゴリラ、そしてボディにしなやかな風合いと高い強度とシワになりにくコシが魅力の合成繊維、テトロンを使用し、重厚感を感じさせるライノ(サイ)。

気軽に使えるボディバッグ&ウォレット

まずは気軽に使ってみたいという人には、ボディバッグやウォレットがオススメ。ボディバッグでは、テトロンファブリックでデニム素材を表現し、クールに仕上げられたオオカミや軽量かつ通気性に優れるメッシュ素材を使用し、型崩れもしにくい加工が施されたスポーティなホースといったモデルが要チェック。また、最もお手軽なウォレットは、ブラックブル、キングコング、シカ、ヒョウ、オオカミといったバリエーション豊かなモデルがラインナップされている。

ここでは男性向けの商品を主にご紹介したが、他にもシンプルかつ使い勝手の良さが人気のサコッシュや可愛らしいハンドバッグやショルダーバッグなども展開、自分用だけでなく、彼女やパートナーへのプレゼントとしても使えるアイテムとなっている。

ORIBAGU

バックパック

ブラックライオン

価格:16,000円(税抜)

ブラックマーブルゴリラ

価格:13,000円(税抜)

シルバーカモフラライノ

価格:24,000円(L)(税抜)

 

ボディバッグ

デニムオオカミ

価格:14,000円(税抜)

Airブラックホース

価格:9,000円(税抜)

 

ウォレット

ブラックブル、キングコング、シカ、ヒョウ、オオカミ

価格:12,100円(税抜)

 

【問い合わせ】

PR01.TOKYO TEL.03-5774-1408

公式ホームページ https://www.oribagu.com

取材・文/安室淳一 写真提供/ORIBAGU

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(水)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

マザーズバッグとして超便利! アーバンリサーチのツールバッグ…