東京オリンピックを前にボードゲームで盛り上がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生ゲーム スポーツ」でNo.1アスリートを目指す!

 誰もが一度は遊んだことのあるボードゲームといえば「人生ゲーム」。1968年に発売されたこのゲームは、ルーレットを回してマス目を進み、就職や結婚、出産に家購入など数々のイベントを経て億万長者を目指す内容で多くの人に愛されてきた歴史のあるゲーム。

 そして東京オリンピックを来年に控えた今年、65作目となる「人生ゲーム スポーツ」が発売される。人生ゲーム史上初となる、スポーツをテーマとし、プレイヤーは”アスリート”としての人生を歩み、様々なスポーツを経験しながらお金を稼いでいく。

 ゲームの中で登場するスポーツの種類は100以上、スポーツイベントが盛り上がる中、普段ゲームをしない人も、家族や仲間と一緒に気軽に様々なスポーツに触れ、楽しんでみてはいかがでしょうか!

小学生からスタートし、スポーツを極める

プレイヤーは小学生からスタートをし、「スピード」や「スタミナ」など、スポーツに必要な才能が「才能カード」によって一つ決まる。その後、「スポーツカード」を引くたびに、自分が所持している「才能カード」と合えば、その「スポーツカード」を得て、集めていくことができる。プレイヤーがゲームのコマとして使用するのは、通常のクルマではなく、アスリートらしいシューズ型をした「シューズ駒」。1列にはプレイヤーの他に結婚相手、2列目には子供、そして3列目にはコーチやドクターといったキャラクターを同乗させることが可能な、伝統の方式を取りつつも、スポーツテーマに合わせたものとなっている。

大会はミニゲームでトロフィーをゲット

またゲーム中、「地区大会」、「全国大会」、「アジア大会」、「国際大会」の”大会マス”に止まった際は、プレイヤー全員でサブステージを使い、競技に見立てたミニゲームを開催。ミニゲームは16種類あり、コインを弾いて遠くに飛ばす「100m走」や、予想する決まり手にコインを置いていく「相撲」など、その大会ごとに順位に応じて金・銀・銅のトロフィーを獲得することができる。

ビデオ判定もあり!

近年、多くの大会で取り入れられているビデオ判定を実行できる「ビデオ判定権」というアイテムも登場、特定のマスでそのアイテムを使用した場合、指示された判定が覆ることがあるというリアルな場面も味わえる。プレイヤーにとって、ゲーム中に得た「トロフィー」や「スポーツ」も最終的にお金となり、全員がゴールをした際、最も所持金の多いプレイヤーがNo.1アスリートとなり、勝利を得る。他にもマス目のイベントとして、「もぐもぐおやつタイムで戦いに備える」や「温泉で卓球。スリッパでチキータを連発する」、そして「試合を取材に来たアナウンサーと連絡先を交換する」など、スポーツ界で話題となったものも登場し、ゲームを盛り上げてくれる。デジタルが主流となっているゲームの世界、たまにはアナログゲームを家族や仲間と楽しんでみてはいかが!

人生ゲーム スポーツ

価格:¥3,980(税抜)

プレイ人数:2〜6人

サイズ:W504×H297×D55(mm)

©1968,2019 Hasbro.All Rights Reserved.

© TOMY

【問い合わせ】

タカラトミーお客様相談室 TEL.0570-04-1031  

公式ホームページ 

https://www.takaratomy.co.jp/products/jinsei/product/sports/

取材・文/安室淳一 写真提供/タカラトミー

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…