一石二鳥のアウトドアな背負子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荷物を運べ、簡易チェアにもなるアイテム

背負子(しょいこ)、あまり耳にしたことがない人もいるかとは思うが、背負子とは、アウトドアシーンで大きい荷物や重い荷物を載せ運ぶアイテムのこと。

 この製品をテキサス州にあるパックラビット社が、荷物を快適に運ぶ機能だけでなく、簡易チェアの機能も組み合わせ、軍用、狩猟用はもちろん、トレッキング等のアウトドアシーンでも活用可能なものへと進化させた。

 それがこの「パックラビットフレームセット」。フレームには耐久性に優れる最新の素材が使用され、S字曲面としたデザインも人間工学に基づいて設計されたモダンなフォルム。荷物を楽に運べ、背面を倒せば、座ることもできる。

 山林などでの長時間撮影の際やハイキングやトレッキング、また移動中の手荷物を減らしたい際にも最適。アウトドアシーンにマッチするデザインと機能美を備え、”通”なアイテムとしても自慢できる逸品となっている!

キャリアとしての使い方は二通り

 

荷物を積む際の使い方は二通り。4本の固定ベルトは、アルミケースやハードケース、クーラーボックスにカメラバッグといった比較的硬い荷物を運ぶ際に適していて、ベルトはバックルのカムロックでしっかりと固定することができ、歩行時に緩む心配もなく、短い距離での荷物運びに便利。一方、付属のカーゴキャリアーは、防水バッグやダッフルバッグといった固定しにくい荷物の運搬を可能にしてくれる。上部と左右のベルトで荷物の増減にも容易に対応ができ、見た目もバックパック的な雰囲気で使える。カーゴキャリアーの素材には、耐久性に優れるINVISTA社製の500Dコーデュラナイロンが使用されている。

先進のフレームとデザインも魅力

パックラビットのフレームシステムは特許も取得しており、フレームの素材に使用されているのは、アメリカで製造された軽量かつ柔軟性のあるグラスファイバー強化ナイロンの「DuPont Zytel」。どんな過酷な環境下においても優れた耐久性を実現し、様々な天候やラフな使用状況も考えられるアウトドアシーンでもしっかりと活躍してくれる。また全体的に無骨な雰囲気を漂わせながらも、人間工学に基づいて設計されたS字の曲線を描く機能美を備えたデザインも魅力となっている。

快適に荷物を運び、休憩時も活躍!

荷物を運ぶ際には、エルゴノミクスに基づいた背面設計によって、負荷が身体に均一に分散されて楽に背負うことができる。また身体に触れる面にはクッション性に優れたEVAフォームを採用し、蒸れを軽減させる肉抜き加工も施されている。移動途中で休憩をする際には、荷物を降ろし、背面のパネルを引き倒すことによって、背もたれ付きの椅子に変身。背負う際のEVAフォーム部分が座面となるため、座り心地も良く、快適に座ることが可能となっている。サイズはSとLの2種類。製品自体の大きさと共にフレーム耐荷重や座面耐荷重も異なるので、購入する際は荷物の量や自身の体型を考えて選ぶようご注意を!

PACK RABBIT

パックミュール2フレーム(S)セット

カラー(フレーム):ブラック

フレーム適合サイズ:背面長40〜47(46〜58)(cm)

フレーム外寸法:W295×H481×D219(W320×H522×D234)(mm)

フレーム耐荷重:45kg(63kg)

座面耐荷重:68kg(113kg)

価格:オープン

*数値の()はLセット

【問い合わせ】

ハクバ写真産業:0568-85-0898

ホームページ:http://www.hakubaphoto.jp/packrabbit

取材・文/安室淳一 写真提供/ハクバ写真産業

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…