【取材後日談あり】編集部員の愛用ブランド、m0851がホップアップ開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

編集部員の筆者が愛用しているカバンがよすぎるのでご紹介します! 
こちらはカナダ・モントリオール発のレザーブランド、m0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)

愛用しているのは、上質なカーフレザーにアニリン染色を施した「アニリンレザー」を使用したモデルで、なんとも上品な光沢感。
それでいて、驚くほど薄く、そして軽い。どんなカバンよりも身軽に動けることがお気に入りです。

レザーのしなやかな手触りは、病み付きになるほど!

内側の素材にはクッション性があったり、ジップ付きのポケットがあったりと、細かな部分まで工夫されているのが本当に嬉しい。

メイド・イン・モントリオールによって高品質を徹底管理

m0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)はレザーを中心に、カバンだけでなく、財布、ポーチ、アウターなどのアパレル製品まで展開している、まさにライフスタイルブランド。

1987年に創業して以来モントリオールを拠点に、デザイン、生産、販売を一貫して行う、「メイド・イン・モントリオール」を誇ります。

レザーアイテム1点、1点は職人によるハンドメイド

目の届くホームで生産することによって、高いクオリティを徹底管理しているのだとか。

本誌11月号ではブランドを取材するべく、モントリオールへ訪れましたが、街中のいたるところでm0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)のカバンを持ち歩く人を見かけて驚きました。

長年、人々に愛されてきたブランドなのだと実感。

藤井大丸でのポップアップストアは必見!

そんなm0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)が、京都の藤井大丸にてポップアップストアを期間限定オープンするというので、ぜひこの機会に、商品や世界観を見ていただきたい!

【m0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン) ポップアップストア】

2019/11/1(金)~7(木)

藤井大丸 2F  THE SPACE FUJII DAIMARU

〒600-8031
京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町605番地
TEL 075-221-8181
OPEN 10:30~20:00
https://www.fujiidaimaru.co.jp/limited_shop/m0851_pop_up_shop/

 

アニリンフォールデッドコーナーバックパック
カラー:チェスナット
W37×H42×D17 cm
¥79,000(税抜)

今回のポップアップストアでは、定番カラーの他、新色「チェスナット」、「ディープティール」が様々なモデルで展開されるそう。

アイテムひとつひとつからは強いこだわりや、職人技が感じ取れるはずです。

お見逃し無く!

筆者がこのブランドに惚れた理由!

モントリオールの本社兼、工房を取材してわかったことは、モノ作りへの熱い想い。

(※取材の詳細は本誌11月号にて、深~くボリューム多めにお伝えしていますので、そちらもご覧下さい!)

クオリティの高さも然ることながら、そのこだわり様や、作り手の精神にすっかり魅了されてしまったという訳なんです。
取材の様子を少しだけご紹介します!

 

ブランドの柱となるのは、創業者フレデリック・ママバシー氏(写真左)と、娘であるCEOフェイ・ママバシー氏(写真右)。

フレデリック氏は長年にわたり、デザインも手掛けています。
デザインのコンセプトは、「5年、10年、20年、30年と長く使っていただけるように、シンプルにしています」とのこと。

「自分のコンセプトは、“ファスト”ではなくて“スローファッション”。
買ったときが最高ではなくて、そこから何年も使って行くと味が出てよくなっていく。そういう、よい意味で流行にとらわれないブランドでありたいんです」と話してくれました。

ユーザーが使いやすいかどうかを常に考えているとか。

また、取材する中で特に心打たれたのは、ブランドに対する2人の深い愛情。
さらに、ブランドに関わる社員に対しても、家族同然のように大事に思っていることがひしひしと伝わってきました。


それもあってか、オフィスはとてもアットホーム。

フレデリック氏にメイド・イン・モントリオールにこだわる理由は?と尋ねると、
ここにはたくさんの仲間がいる。その人たちと仕事を通してファミリーとなり、ともに働いていけることが喜びです」と教えてくれました。


オフィスの壁には国内店舗の様子が映し出されていました。


こちらは本社オフィスに隣接している、職人が作業する工房。


上質な一枚革を職人技でカット。


縫製から仕上げまで全てを手作業で丁寧に行います。


こちらはデザインチーム。


大量のカラーサンプル。
毎シーズン、期間限定のシーズナルカラーを作っているのだとか。「来春はパステルカラーです。お楽しみに。」とフェイ氏がこっそり教えてくれました。


さらに、なんとフレデリック氏の自宅にも招待してもらいました!

部屋中にm0851(エム・ゼロ・エイト・ファイブ・ワン)の商品が飾られており、歴代のデザインラフなど、ブランドに関わるたくさんのものが保管されていました。
365日、ブランドとともに生活していることが伺えます。

家具もすべて自分で作ったとか。今後はインテリアの展開も目標にしたいそう。
レザーソファの座り心地はさすがの心地よさです…。


寝室まで、まるで展示会場のような空間です。


ちなみに、モントリオールはカナダにありながらも、フランス語圏。北米のパリとも呼ばれる美しい街です。

そんなモントリオールが愛するブランド、興味を持っていただけましたでしょうか?

=ブランド詳細=

1987年に創業されたm0851は、カナダ・モントリオールを拠点に、デザイン、生産、販売を一貫して行うレザー中心としたライフスタイルブランドです。地元モントリオールでの生産を中心に、徹底したクオリティコントロールのもと、タイムレスな製品を提供しています。

製品ひとつひとつに刻まれているm0851のブランドネームは、時代を超えた都会的なライフスタイルの代名詞、mは、創業者のファミリーネームのイニシャルであり、0851という数字は、誕生日を表しています。

ブランドを代表する「アニリンレザー」は、イタリアンカーフを0.7ミリの厚さまでになめし、皮革の最も強固な部分を使用するため丈夫であり、手を加えすぎることなく自然に仕上げられているため、通気性と保湿力に優れています。またニュアンスのあるツヤ感と着用するごとに柔らかくなるのが特徴で、レザーとは思えないほどの軽さと柔らかさを実現しています。

●m0851公式サイト
https://www.m0851.jp/

●問い合わせ:
ラピーヌ
TEL 0120-13-9396

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(土)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

大好評!SHIPSのコイン仕切り財布の使い方を動画で解説しま…