• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

カッコ、カワイイ、グロム!

カジュアル&アクティブなバイクライフの相棒に。

 普段の移動を快適しつつ、休日も遊びに使いたい、でも気軽に乗れるものがいい。そんなワガママライダーの希望を叶えてくれるカテゴリーとして、近年、人気となっているのが原付二種モデル(排気量が51ccから125cc)。

 現在、様々なモデルが発売されているが、中でも通常のバイクと同じようなギアチェンジ操作ができるMTモデルは、手軽さだけでなく、運転する楽しさも相まって人気となっている。

 今回、紹介するホンダのグロムもMT仕様となっていて、扱いやすいコンパクトなボディに元気の良いエンジンを搭載し、走りも快適、気軽に楽しく使えるモデル。

 以前は、レッドやイエローなどポップなカラーリングであったが、今回のモデルは一味違い、ホワイトとブラックを基調とした、スポーティながらも落ち着いた雰囲気の色合いに変更された。

 フレキシブルに使えるファーストバイクとして、また、大型バイクを所有するライダーが気軽に使うセカンドバイクとして、活躍必至の一台となっている。

タフでメカニカルなデザイン

 視認性と被視認性の向上を図ったデュアルタイプのLEDヘッドライトを採用したフロントマスクは、精悍かつメカニカルな雰囲気と個性を放つ。またボディも面と線を基調とした他にはない斬新なデザインとなり、ギュっと詰まった凝縮感がタフな走りも予感させてくれる。さらにフロントからリヤへと流れるように入れられたラインデザインも印象的となっている。

パワフルなエンジンで軽快な走りを楽しめる

 広域にわたるトルクフルな出力特性を持つ125ccの空冷単気筒エンジンを搭載。軽量なボディをストレスなく加速させてくれる。また理想的な燃焼を追及したインジェクションシステムPGM-FI(電子制御による燃料噴射装置)を採用し、アグレッシブな走りとともに、優れた経済性・環境性の両立を図っている。

快適な走りを支える本格的な足まわり

足まわりの装備も充実。タイヤは見た目のインパクトも強い12インチの極太タイヤを装備。軽快なハンドリングと快適な乗り心地、そしてこのバイクならではの個性的な走りを体感させてくれる。またレッド塗装のキャリパーが機能性と共にスポーティなアクセントにもなっている。フロントには倒立フォーク、リヤにはモノサスペンションを装備し、操舵フィーリングの向上と安定したコーナリングや快適な乗り心地を実現してくれる。

ライダーの心をくすぐる数々の装備

メーターには視認性に優れる液晶ディスプレイを採用。エンジン回転数をバーグラフで表示するほか、スピードや燃料に走行距離、時間など様々な機能も搭載している。また、タンクキャップも通常のバイクと同じエアプレーンタイプのヒンジ付きのものを採用し、給油の度に小さな歓びも得られる。そして鍵も日常の使いやすさを配慮し、フォールディング機能を備えたリトラクラブルキーにすることで、ポケットやバッグの中でかさらばらず、スマートに携帯できる。

GROM

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):1755×730×1000

シート高(mm):760

総排気量(cc):124

エンジン:空冷4ストロークOHC単気筒

最高出力(PS/rpm):9.8/7000

最大トルク(kgf・m/rpm):1.1/5250

燃料タンク容量(L):5.7

価格:¥363,000(税込)

カラー:ロスホワイト、マットアクシスグレーメタリック

【問い合わせ】

ホンダお客様相談センター TEL.0120-086819

公式ホームページ www.honda.co.jp/GROM/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

 

 

 

 

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!