MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(火)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

夜空をまるごとモバイル!「HYPER TELESCOPE」

HyTele01

写真の少年が覗いているのは……
こちら!

HyTele02HyTele03

この「HYPER TELESCOPE~天体図鑑~」(ハイパーテレスコープ)は、いつでもどこでも“天体観測”ができる望遠鏡トイなんです。

バンダイ
「HYPER TELESCOPE~天体図鑑~」
¥20,790(税込)
5月29日発売予定

本体に3軸磁気方位センサーと3軸の加速度センサーがついていて、
ハイパーテレスコープを向けた方角の星が内部の液晶画面に表示されます。
昼間でも屋内でも、夜空を眺めるように天体観測をシミュレーションできるんですよ。

気ままに天体を眺めててもいいですし、
太陽系の惑星や著名な天体約300種については、指名して観測できる「星をさがそう」モード付き。

HyTele04HyTele06HyTele07

例えば、「太陽」を選んで、現れた矢印に従ってハイパーテレスコープを巡らせればOK。
太陽を見つけたら、ぐい~んと資料写真と解説が出てきます。

覗いて天体観測するのが基本の遊び方なんですが、
位置や時刻、ハイパーテレスコープを向ける方向で見える星空は変わります。

位置情報は地球のどこでも、時刻は1900年から2010年まで。
時空をまたいで天体データを収録しているから、誕生日の星空や、月蝕・日蝕の再現も思いのまま。

子ども向けトイなんですが、ぐるぐるさせて覗いているとまったく飽きません。
いい大人も手放せなくなりますね。

というわけで、お父さん独占状況の対策として(?)、テレビにつなぐAVケーブルも付属。
家族みんなで楽しめますからご安心を。

本物の望遠鏡で見るのが一番だと天文ファンは思うかもしれませんが、
2万円で、200年分の天体データをいつでもどこでも見られるなんてぜいたくは格別。

プラネタリウムのトイとはまた違った、天文ファンのためのサイエンストイです。

(ライター・望月哲史)

「HYPER TELESCOPE~天体図鑑~」オフィシャルサイト

(C) BANDAI (C)2010 SSD COMPANY LIMITED

モノマックスの記事をシェアする

今月のモノマックス特別付録

SHIPS じゃばらポケット付き高機能トートバッグ

【付録速報】整理して取り出しやすい「じゃばらポケット」付きト…