• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(火)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ライフスタイルで選び楽しむ125ccスクーター4選

 通勤や通学、そして普段の移動の際、密を避けることが可能な乗り物として注目され、近頃では車両の販売数も伸びているというバイク。二輪免許を持っているからこれを機会に乗ってみようかと考えたり、また今後の移動方法を見直し、二輪免許を取ろうと考えている人もいると思える。

 数あるバイクの中でも、特に注目されているのが、コンパクトなサイズ感や運転のしやすさ、そしてコストパフォーマンスにも優れる125ccスクーター。一言に125ccスクーターといっても様々。そこで今回は、スタイルの異なる125ccスクーターを4台選んでみました。デザインの好みやスタイルにマッチしたものをぜひ見つけて欲しい!

街乗りを気軽かつ快適に楽しむスマートスクーター

「軽快に」、「スタイリッシュに」、「便利に」をキーワードとして開発され、スクーター好きを納得させるモデルとなっているのがこの「スウィッシュ」。コンパクトなボディに、路面追従性を追求して採用した前後10インチタイヤ、3段階の調整が可能なリヤサスペンション、そして力強い加速性能と優れた燃費性能を両立させたエンジンを装備。外観のデザインも、スズキのスポーツバイク共通イメージのフロントマスクをはじめ、フロントからリヤへと滑らかに流れるシャープなライン、そして多角断面のマフラーカバーやエッジを効かせたリヤコンビネーションランプによる先進的なリヤビューなど、こだわりを見せる。”丁度良い”+αの魅力を備えたプレミアムなスタンダードスクーターとして、きっと良き相棒となってくれる。

快適かつ低燃費の走りを生み出すエンジン

スズキ独自の先進技術を集結させたSEPエンジンは、限られた空間の中で最大のエンジン性能を発揮。部品にこだわり、フリクションロスの低減とリニアなスロットルレスポンスを追求、快適な走りと低燃費を実現している。

ライダーに優しいスタイル作り

自由度の高いライディングポジションを実現。また足元の広くフラットなスペースは窮屈さを感じることがなく、さらにライダーが足を地面に下ろしやすいようにと足元付近を絞り込んだカットフロアボードも採用されている。

スズキ SWISH ¥324,500(税込)問:スズキお客様相談室 0120-402-253

【スペック】

●全長×全幅×全高(mm):1830×690×1095 ●シート高(mm):760 ●総排気量(cc):124 ●エンジン:空冷4ストロークSOHC単気筒 ●最高出力(PS/rpm):9.4/7000 ●最大トルク(kgf・m/rpm):1.0/6000 ●燃料タンク容量(L):5.5 ●車重(kg):114 ●燃料消費率(WMTCモード値):50.1km/L(クラス1)1名乗車時 ●カラー:トリトンブルーメタリック、キャンディダーリングレッド、パールブレーシングホワイト、グラススパークルブラック

アクティブに楽しむオフロード風スクーター

”Street Almighty,Roadster BW’S”をコンセプトし、SUVテイストが楽しめる走行性とファッション性を両立させたストリートコミューターとして登場したのが、この「BW’S(ビーウィズ)125」。左右非対称デザインのデュアルヘッドランプや立体感のあるセンターカバー&リヤテールランプが精悍かつアクティブな印象を演出。さらに足元に装着されたグリップ性に優れる幅広のオフロード風ブロックタイヤが存在感とタフなイメージを与えている。見た目だけでなく走りも軽快で、搭載するエンジンはスタートからストレスのないスムーズな加速感を味あわせてくれる。街はもちろん、海や山といった場面にも映え、遊び心を感じさせてくれるこのマシンは、アクティブなライダーにピッタリのモデルとなっている。

アクティブ感溢れるハンドルまわり

ハンドル周りもアクティブな仕上げとなっていて、アップライトなハンドルバーとオフロードテイストのブラッシュガード。そしてスポーツウォッチのような無骨なデザインの液晶マルチファンクションメーターもポイントとなっている。

快適に使える実用的な装備も充実

シート下はトランクスペースとなっており、容量は約29Lで、ヘルメット&小物であれば十分収納が可能。また荷物を積む時やタンデムをする際にも便利なタンデムグリップ付きリヤキャリアも標準で装備している。

 

ヤマハ BW’S 125 価格335500円(税込)〜問:ヤマハ発動機 カスタマーコミュニケーションセンター 0120-090-819

【スペック】

●全長×全幅×全高(mm):1910×765×1125 ●シート高(mm):780 ●総排気量(cc):124 ●エンジン:空冷4ストロークSOHC単気筒 ●最高出力(PS/rpm):9.8/7500 ●最大トルク(kgf・m/rpm):1.0/6000 ●燃料タンク容量(L):6.5 ●車重(kg):119 ●燃料消費率(WMTCモード値):37.3km/L(クラス1)1名乗車時 ●カラー:ダークブルーイッシュグレーソリッドC、ビビッドイエローソリッド2

”走り”と”デザイン”を楽しむスポーツスクーター

スクーターというと誰もがイメージするのは、親しみやすいデザインで街中を快適に走る乗り物。そのイメージは大方間違ってはいないが、スクーターであっても、そこにスポーティさを求める人もいる。そんなライダーの心を揺さぶるモデルが、フランスの歴史ある二輪メーカー「プジョー・モトシクル」の「スピードファイト125」。1997年に初代モデルが登場し、現在のモデルは4代目。名前からすでにアグレッシブで、スタイルも他の同クラスの車両とは一線を画したシャープ&レーシーなカタチ。またコンパクト&パワフルな独自のスマートモーションエンジンとSBCインテグラルブレーキングシステムを搭載。スタイル、走り、そして確固たる存在感を持つこのマシンは、ライダーの心をきっちり満たしてくれる!

個性際立つスタイリング

スピードファイト125のDNAを継承する二眼タイプのLEDヘッドライト。ライトを囲むアイラインのようなデザインも個性的。またシャープかつエレガントなデザインのテールライトもリヤビューを美しく魅せている。

スペシャルモデルもラインナップ

レース仕様マシンとして開発された車両「プジョー308レーシング・カップ」からインスパイアを受け、ボディカラーをアイシーホワイトと鮮やかなレッドカラーのグラフィックのコンビネーションとしたモデルも用意されている。

プジョー SPEED FIGHT 125 &R-CUP

価格339900円(税込)〜問:アイディア 03-6427-3600

【スペック】

●全長×全幅×全高(mm):1895×700×1150 ●シート高(mm):800 ●総排気量(cc):124 ●エンジン:水冷4ストロークSOHC単気筒 ●最高出力(PS/rpm):11/7400 ●最大トルク(kgf・m/rpm):1.1/5600 ●燃料タンク容量(L):8 ●車重(kg):116 ●カラー:フラット6レッド、ピンクゴールド、ディープオーシャンブルー、アイシーホワイト(*R-CUP専用)

スタイリッシュに使えるエレガントスクーター

二輪車保有&普及率世界一の国「台湾」が世界に誇る二輪メーカー「KYMCO(キムコ)」。ラインアップとして、小径ホイール&タイヤを装備するモデルが多い中、スリムなボディに大きめなタイヤ&ホイールを採用したハイホイールスタイルのモデルがこの「ターセリーS」。日本ではあまり馴染みのないスタイルも、石畳や段差の多いヨーロッパでは主流で、安定感のある走りとアップライトなポジション、そして見た目のスマートさが魅力となっている。エンジンも同社のレーシングシリーズのものをベースとして開発されたものを搭載し、パワフル&環境性能にも優れている。カジュアル、ビジネス、ツーリングといった様々な用途での対応能力だけでなく、スタイリッシュさも重要視する人に選んで欲しい一台。

スマートに大容量の収納スペース

スマートなボディながらもシート下のスペースは広く、フルフェイスはもちろん、形状によってはヘルメットが二つ収めることも可能。さらにリヤボックスが標準装備となっていて、バッグを持たず、運転に集中できることができる。

快適な走りと嬉しい装備

走行時の風や埃、そして寒い時期には防寒性も高めてくれるスクリーンやハンドガードを装備。また、携帯の充電が可能なUSBポートはハンドル脇とシート下の二箇所に備えているのでとても便利。

ターセリーS 125  価格270000円(税込)問:キムコジャパン TEL.03-6404-6102

【スペック】

●全長×全幅×全高(mm):2085×700×1570 ●シート高(mm):790 ●総排気量(cc):124.8 ●エンジン:空冷4ストローク単気筒SOHC ●最高出力(PS/rpm):11.3/8500 ●最大トルク(kgf・m/rpm):1.1/7000 ●燃料タンク容量(L):6.2 ●車重(kg):130  ●カラー:マットシルバークリスタル、ディープブルーメタリック

軽量で扱いやすく、手軽に走りを楽しめ、さらに価格も比較的リーズナブルさが魅力となっている125ccスクーター。もちろん、スタイルの好みもあると思うので、自分にマッチするモデルを手に入れ、快適なバイクライフを始めてみてはいかがでしょうか。

【問い合わせ】

スズキ お客様相談室 0120-402-253 

公式ホームページ www1.suzuki.co.jp/motor/ 

ヤマハ カスタマーコミュニケーションセンター 0120-090-819

公式ホームページ https://www.yamaha-motor.co.jp/

プジョーモトシクル(アイディア)

公式ホームページ https://peugeotscooters.jp

キムコジャパン

公式ホームページ http://www.kymcojp.com/index.html

取材・文/安室淳一 写真提供/スズキ二輪・ヤマハ発動機・アイディア・キムコジャパン

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

SHIPS 3大価値三つ折り財布

【これは便利だ!】この3つ折り財布が使えすぎる件