• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ネオ都市型コミューター「Honda e」登場!

シンプルなルックスに先進機能を満載

 国内において、急激な普及とまではいかないまでも、確実に興味を示す人が増え、また新たなクルマの選択候補としても挙げられるようになってきている電動自動車。選べるモデルはまだ少ないが、この秋、さらに人々の興味を惹きそうな車両が登場する。それが、昨年の東京モーターショーで初公開され、一躍話題となったホンダの新型EV(電気自動車)「HONDA e」である。ショーで一目見て、あのシンプルなシルエットのボディと愛らしいフェイスに心を奪われてしまった人もいたのではないだろうか。気になる発売日は2020年10月30日(金)で、価格は451万円〜。決してお手軽な価格とは言えないが、ホンダが未来を見据え、先進の機能を詰め込んで作り上げたこだわりの一台だけに、従来のカーライフを変えてくれることは明らか。一歩先を行く、近未来のカーライフ、それを体験できる一台となっている。

モダンでありながらも親しみやすいカタチ

 シンプルでいて、親しみやすく、どこか未来的なものを感じさせるモダンなデザイン。ポイントは、親しみやすい2BOXのプロポーションと段差や隙間を減らしてクリーンで丸みをもたせたフォルム、そして円を基調としたシンプルなモチーフによるキャラクター。ショルダーに入れられた唯一となるキャラクターラインは、初代シビックのイメージを継承しているという。先進感だけではなく、自動車デザインの過去と未来を繋ぐカタチをめざしている。

人とクルマの新しい繋がりを提案するインターフェイス

これまでのクルマにはない、使いやすく先進的な室内空間を目指し、5つのスクリーン(メーター、ディスプレイ、サイドカメラミラーシステム)を一直線に配置する世界初のワイドビジョンインストルメントパネルを採用。新たな楽しさや快適性を提供し、さらに多彩なコネクティビティーによって人とクルマの新しい繋がりをトータルでデザインしている。また、常時インターネットに接続し、クラウドAIによる音声認識と情報提供を行うHondaパーソナルアシスタントや車内Wi-Fi*1、スマートフォンと通信をおこなうNFC*2を組み込むなど、人、クルマ、社会へと繋がる多彩なコネクティビティの実現が可能となっている。

*1ご利用にはHonda Total Careへの加入およびHonda Total Careプレミアムへの申込が必要。

*2NFC:Near Field Communication(AndroidTMのみ対応)AndroidTMはGoogle Inc.の商標または登録商標

スマート&快適&安全をサポートする先進の装備

  

Honda eには、カーライフを快適かつ安全なものにする先進的な装備も多数。専用アプリ(Hondaリモート操作)をダウンロードすることで、スマートフォンをキー(ロック解除とパワーオンが可能)として使えたり、通常のミラーの代わりに昼夜天候を問わず、安心・安全な後方視界を追求したサイド/センターカメラミラーシステム(*)の採用、そしてHondaスマートキーを持って近づくだけで、自動でアウタードアハンドルがポップアップし、それに触れるとロックが解除、そして車内に乗り込みドアを閉めるとオートでパワーオンとなり、クルマの乗降を限りなくシームレスにしてくれる。*センターカメラミラーシステムは「HONDA e Advance」のみに搭載

シンプルかつ機能的なこだわりのディテール

 

 

  

シンプルでクリーンなデザインにこだわり、ライト類やカメラ、Honda SENSING用のレーダーグリッドなどは、フロントグリル/リアパネルに集約してブラックアウト。フルLEDのライト類は正円形状の左右共用デザインとし、ライト類点灯時は豊かな表情を演出、消灯時はブラックアウトさせ、メリハリをつけている。また、毎日触れる充電/給電ポートは、使い勝手の良いボンネットフードの中央に配置、またリッドは触り心地が良く、美しい全面ガラスとし、シンプルかつ美しいデザインとしている。

上質な乗り心地と安定した走り、リビングをイメージしたゆとりと落ち着きのある室内空間、そして先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準で装備している。グレードは、シンプル&スタンダードな「Honda e」とセンターカメラミラーシステムや17インチホイール等、装備を充実させた「Honda e Advance」の2タイプが用意されている。

HONDA e/ e Advance

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):3895×1750×1510

エンジン:MCF5

バッテリー:リチウムイオン電池

充電方式:CHAdeMO急速充電、Type1単相通常充電

充電時間:

CHAdeMO急速充電50kW以上 充電警告点灯*→SOC80% 30分

Type1単相通常充電〜3.2kW 充電警告点灯*→SOC100% 9.6時間以上

Type1単相通常充電〜6.0kW 充電警告点灯*→SOC100% 5.2時間以上

* 充 電 時 間 は 、外 気 温 な ど の 条 件 に よ り 、充 電 完 了 ま で に 必 要 な 時 間 が 変 わ る 場 合 が あ り ま す 。また充電警告灯はバッテリーが常温の場合、SOC約15%で点灯します。

WLTCモードー充電走行距離:283km/259km

JC08モードー充電走行距離:308km/274km

最高出力:136PS/3,078-11,920rpm/154PS/3,497-10,000rpm

最大トルク:32.1kgf・m/0-2,000rpm/32.1kgf・m/0-2,000rpm

駆動方式:RR

乗車定員:4名

価格:¥4,510,000〜¥4,950,000(税込)

カラー:プラチナホワイト・パール*1、ルナシルバー・メタリック、モダンスティール・メタリック、クリスタルブラック・パール、プレミアムクリスタルブルー・メタリック*2、プレミアムクリスタルレッド・メタリック*2、チャージイエロー

*1のボディカラーは38,500円高、*2のボディカラーは60,500円高となる。

発売:2020年10月30日(金)

【問い合わせ】

ホンダお客様相談センター TEL.0120-112010

公式ホームページ https://www.honda.co.jp/honda-e/

取材・文/安室淳一 写真提供/本田技研工業株式会社

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!