• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

2021最新手帳、注目はこれだ!

スケジュールアプリで予定管理する人が増えていますが、デジタルとアナログ両方でスケジュール管理する併用派や、予定管理とは別の目的で手帳を使う層も増え、アナログ手帳はまだまだ元気。2021年は、ほぼ日手帳が20年、マークスのEDiTが10年と人気手帳が節目の年にあたるほか、熱狂的なファンを持つジブン手帳から、待望の新フォーマットが登場するなど、年末にかけて手帳人気はさらに加熱しそうです。2021年版のアツいトピックスをご紹介します!

 

人気手帳に待望のデイリータイプが新登場!

大手広告代理店のクリエイター・佐久間英彰氏が監修した「ジブン手帳」は、一生使える手帳をコンセプトに、自分や家族の記録を書き残すライフログ手帳。従来品は見開き1週間で、24時間バーチカルでしたが、新登場のDAYs mini 2021は、B6サイズの1日1ページ。

コクヨ ジブン手帳DAYs mini 2021

コクヨ
ジブン手帳DAYs mini 2021
¥3,200+税
※9月上旬より随時発売

 

ページフォーマットがとにかく個性的。これまでのデイリータイプには見られなかった、ページ中央に時間軸を設け、ページの左右に別々の内容を書く方式。また、横軸に3週間分のミニカレンダーを設け、デイリータイプの欠点である「1週間単位、1ヶ月単位での今日の位置が把握しにくい」という問題を解決。直感的にわかるようになっています。

コクヨ ジブン手帳DAYs mini 2021
仕事とプライベートで予定を書き分けてもいい!

 

20年目記念で豪華コラボ!

1日1ページで自由な使い方ができるのが魅力の、ほぼ日手帳。2021年は、ほぼ日手帳20年目を記念し、土屋鞄製造所とコラボ。土屋鞄の定番・トーンオイルヌメシリーズの革を使ったレザーカバーを作り上げました。ラインナップは、ほぼ日手帳オリジナル・カズン用の「はじまりの手帳(ROLL)」と、5年手帳用の「はじまりの手帳(KEY)」

ほぼ日手帳 はじまりの手帳(ROLL)

ほぼ日手帳
はじまりの手帳(ROLL)
[オリジナルサイズ(A6)] ¥37,400(税込・本体セット)
[カズンサイズ(A5)] ¥49,500(税込・本体セット)

はじまりの手帳(KEY)[5年手帳] ¥40,700(税込・本体セット)

 

はじまりの手帳(ROLL)は、柔らかな革で手帳を包み、紐を巻いて閉じるカバー。ペンやカードなどを入れるポケットつき。はじまりの手帳(KEY)は、5年分の予定が書ける5年手帳専用。ラウンドジップで、革巻きの錠前とキーストラップが付属し、鍵をかけてその日の思い出を保管できます。

ほぼ日手帳 はじまりの手帳(ROLL)
ロールペンケースのような感じで使えます。

 

手書きの予定がGoogle カレンダーと自動連携!

ネオラボの「Nプランナー2021」は、マンスリーと週間バーチカルページを搭載した手帳。別売りのネオスマートペンで予定を書き込むことで、Googleカレンダーやアウトルックカレンダー、iCalなどカレンダーアプリに自動連携が可能。ハードカバーで立ったままでも書きやすく、携帯中に開くのを防ぐゴムバンド付き。

ネオラボ Nプランナー2021

ネオラボ
Nプランナー2021
¥2,940(税込)
※Amazonにて予約受付中、ネオスマートペンは別売り。

 

デジタルと連携できる秘密は、ネオスマートペンと、専用のペーパー素材。独自コードがプリントされたペーパーを、ネオスマートペンの赤外線カメラが認識し、書いた文字はテキスト化され、カレンダーアプリに自動で反映されます。少々誤字があったりしますが、全部書き写すより手軽ですし、デジアナ併用派にピッタリです。

ネオラボ Nプランナー2021
予定を書き写す手間いらず!

 

1日1ページ手帳にコンパクトな新サイズが登場!

マークスの手帳・ノートブランドEDiT(エディット)。同ブランドでトップの売上となる、1日1ページ手帳から、書きやすさと携帯性のバランスがとれたA6サイズが新登場します。A6サイズは、1日1ページ手帳4サイズの中で、2番目にコンパクトなサイズとなります。

マークス EDiT スープル A6サイズ

マークス
EDiT スープル A6サイズ
¥3,080(税込)

 

フォーマットは他サイズと同様。24時間軸と筆記を邪魔しないドット罫のシンプルなデザイン。余白が多いので、自由に書き込めるのがいいですね。EDiTは、1日1ページ手帳A6サイズ以外に週間レフト手帳も新登場。さらに、ブランドが2021年で10周年を迎えることから、手帳のサイド部分である小口がゴールドになった10周年記念限定モデルも数量限定で登場します。こちらも要チェック!

マークス EDiT スープル A6サイズ
予定管理はもちろん、メモ帳代わりにも!

 

オシャレ手帳のミニサイズはビジネスでも使える!

デザインフィルのプロダクトブランド「PLPTTER(プロッター)」から、ミニ5穴リングレザーバインダーが新登場。元々薄くて軽いレザーバインダーが魅力のブランドでしたが、今回はさらにコンパクト化。ブライドルレザーの柔らかく滑らかな質感は手にしっくりきます。バックプレートの真鍮も男心をくすぐります。

プロッター ミニ5穴リングレザーバインダー

プロッター
ミニ5穴リングレザーバインダー
¥8,250(税込)

 

中に入れスケジュールリフィルは、月間ブロックを用意。また、2mm方眼のリフィルメモパッドもあるので、予定管理としても、メモ帳としても使えます。本体ペンホルダーリフターやスケール下敷、本体が開かないようにするバンドリフターなどのツールも豊富。シックなデザインはビジネスシーンでも違和感なく使えます。

プロッター ミニ5穴リングレザーバインダー
使ったリフィルをはさんで保管するプロジェクトマネージャーも用意(写真右下)。

 

人気メモブランドのダイアリーに2021限定色!

ブロックメモが人気のブランド・ロディアは、2015年版からダイアリー「ウェブプランナー」も発売しています。毎年様々な限定版を発売していますが、2021年版は限定色ターコイズを発売。A5・A6の2サイズ展開で、どちらもイタリア製合皮革を使用したハードカバー製。

ロディア ウェブプランナー

ロディア
ウェブプランナー
A5:¥3,500(税抜 )A6:¥2,500(税抜)

 

フォーマットは、ホリゾンタル(週間レフト)とウィークリーバーチカルの2種類を用意。スケジュールを緻密に管理したいならウィークリーバーチカル、予定と合わせてメモも書きたいならホリゾンタルがオススメです。カラバリは、ロディア定番のオレンジとブラックもあり、ブロックメモと色を合わせるとかっこいいかも。

ロディア ウェブプランナー
開き防止のゴムバンド付き

 

 

文/金山 靖 写真提供各社

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…