• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

LOFTで15年連続売り上げNo.1!ほぼ日の消せるカレンダー発売中!

ほぼ日 ホワイトボードカレンダー2021

LOFTで15年間、カレンダー売上で不動の1位を貫く「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」。9月1日から、フルサイズ(¥2,860税込)、ミディアム(¥2,310税込)、卓上版ファイルポケット付(¥1,650税込)の3サイズで発売中です。

全面ホワイドボード仕様が人気の理由!

全面ホワイドボード仕様になっていて、書いたものが消せる「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」。書き直せるから、未確定な情報もためらわずに書き込むことができます。カレンダーをメモとして情報共有できるところが、人気のポイントです。

(フルサイズ:縦438mm×横395mm)

みんなの予定を書き込める余白の多いカレンダー。イレイサー付きのマーカーはカレンダーの右上にマグネットで収納できます。

今年のイラストレーターは、カレンダーの余白と相性抜群な塩川いづみさん。ほどよく肩の力の抜けた猫のイラストが、部屋をゆるくて素敵な空間にしてくれそうです。

ミディアムサイズ(縦310 mm×横240mm)は、キッチンに飾るのにちょうどよい大きさ。もちろん、個人のスケジュール管理用として、デスク回りに飾るのにも適したサイズです。

ひと月終わったら、リングから切り取って使う卓上サイズ(縦172mm×横177mm×奥行き95mm)。

背面にはメッセージボードと、マーカーやメモなどを収納できる便利なポケットが付いています。

イヌ派にはこちら!

断然イヌ派!の方には、糸井重里氏の愛犬ブイコを主役とした「気まぐれカレンだー」がおススメ。

飼い主だからこそ撮れるブイコの表情が愛らしい。ページをめくるたびに癒されてしまうこと間違いなし!

12月の次ページがメッセージボードになっています。

どちらの卓上カレンダーもペン先の細いマーカーが付属しているので、壁掛け同様たっぷり予定を書き込むことができます。

毎年ちょっとずつマイナーチェンジして使い勝手のよさを向上させている「ほぼ日 ホワイトボードカレンダー」。リピーターが多いのも納得のカレンダーです。

ほぼ日 ホワイトボードカレンダー公式サイト  https://www.1101.com/store/calendar/2021/index.html

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!