• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

サステナブルの先進ブランドといえば「パタゴニア」!人気のフリース始め秋冬の注目ウエアをチェック!

 近年あらゆる業界で、持続可能な社会を目指すサステナビリティへの取り組みが進められるようになってきました。アウトドアメーカーは早くからこの問題に向き合っており、なかでもパタゴニアは「私たちは、故郷である地球を救うためにビジネスを営む。」というミッションを掲げ、創業当初から取り組んでいる先駆的な存在です。
今回はそんなパタゴニアから、この秋冬におすすめのウエア&アイテムをご紹介します。

やっぱりフリース! 名作「シンチラ・スナップT」は外せない!」

メンズ・ライトウェイト・シンチラ・スナップT・プルオーバー
¥13,000(税抜き)

アップデートが行われても揺らぐことのないアイデンティティが多くのファンを魅了する定番フリース「シンチラ・スナップT」。湿気を含んでも変わらない保温力があり、速乾性があり、とても軽い。それまで山での防寒はウール製品が主だった中、フリースの誕生はまさに革命だったようです。パタゴニアは1993年から回収したペットボトルを使って再生フリースを製造し始めていますが、このスナップTもリサイクル・ポリエステルを 100 %使用しています。また、縫製もフェアトレード・サーティファイドを採用しています。

シンプルなスタイルですが、袖付けは動きやすさを促進するYジョイントになっており、腕を上げても裾がまくれあがることがありません。また、左胸のフラップ付きスナップ留めポケットが実用的かつかわいいポイントですね。

見た目はセーター、着るとフリースのふわもこ感に癒される「メンズ・ベター・セーター・ジャケット」

  メンズ・ベター・セーター・ジャケット
¥17,000(税抜き)

こちらは定番でありながら変化球でもある一着。外側はセーターニット、内側はフリース仕上げという二面性のあるジャケットです。素材は100%リサイクル・ポリエステルで、まだリサイクル素材に代替できていないのはファスナーの歯のみ。フリースの吸収速乾性を備えながら、表面がニット織りなのでかさばらず、重ね着もしやすいです。街でスタイリッシュに着こなせますね。左胸のファスナー式ポケットはスマホやミュージックプレーヤーの収納に対応しており、ハンドウォーマーポケットもファスナー付きです。

 

パイルフリースと防風性シェルのリバーシブルになった!「リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト」

リバーシブル・ビビー・ダウン・ベスト
¥26,000(税抜き)

リバーシブルで着られるベストがこの度大きくモデルチェンジ。片面はダウン&防風シェルのままですが、もう片面がもこもこのパイルフリースに!素材もデザインもガラリと変わるのでコーディネートの楽しみが広がりました。フリースはもちろん、ダウンも100%リサイクルの600フィルパワー・ダックダウン&グースダウンを採用しており、軽くて温か。リサイクル・ポリエステル素材の身頃は耐風性と耐水性を備え、ナイロン素材でこちらも耐久撥水加工が施されたヨークがコントラストカラーを利かせています。

 

フリースを洗濯するなら?「グッピーフレンド・ウォッシュ・バッグ」を使おう!

グッピーフレンド・ウォッシュ・バッグ
¥3,700(税抜き)

フリースを使ったアイテムを紹介してきましたので、ここでもうひとつおすすめを。リサイクル可能なポリアミド製で、内側を滑らかに仕上げた洗濯バッグです。実は化繊の洗濯ではマイクロファイバーが抜け落ちて川や海を汚染する問題があります。このグッピーフレンドに入れて洗濯すると、マイクロファイバーがバッグ内に残るので、取り除いて適切に処分できるのです。しかも洗濯時の摩擦が少なく、衣類も保護してくれる。これを機にぜひ買い替えたいアイテムです。

 

ただおしゃれで機能的であるだけでなく、その製品がどう生まれ、その後どうなっていくのかを考えたときに改めてパタゴニア製品の魅力を感じられます。

ぜひチェックしてみてください。

この記事をシェアする

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!