• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ソロキャンで絶対手に入れたいギア5選! 【初心者におすすめなテント&ギア編】

まだまだお出かけしづらいこの頃、賑わいを取り戻しつつある場所があります。それがキャンプ場。

オープンエアーで人混みがなく、おいしいご飯や酒が楽しめ、自然を感じながら過ごせるとあって、巣ごもり生活で溜まったストレスを発散しに利用客が集まり、週末は特に混雑しているフィールドがちらほら。

 

中でもキャンプ芸人さんたちや、YouTuberの影響もあって、一人でキャンプに行って楽しむ、通称「ソロキャン」が人気です。

そこで今回は、“初めてソロキャンに挑戦する”ことを想定し、アウトドアのプロにオススメのギアを教えてもらいました!

何でも一人でこなす必要があるソロキャンにふさわしい道具のポイントは、「最小限サイズ」「設営が簡単」「軽い」とのこと。

もちろん、ベテランのソロキャンパーにとっても便利なこと間違いなしの、優秀ギアをご紹介します。

1.設営が簡単なワンポールテントがおすすめ

まずは、寝泊まりに必需品となるソロ用テントをご紹介。

グルキャンと違い、ソロキャンはテント設営も一人。

そこでパーツが少なく、設営が簡単なワンポールテントがオススメです。

中でもイチオシがこちら、大人気のソロキャンテントをさらに軽量化した「パンダライト」です。

テンマクデザイン
パンダライト
¥22,800(税抜)
問:カンセキ WILD-1事業部 028-651-0570

総重量が驚異の2kg弱。

フライはPUシリコンコーティングを施したリップストップナイロン。

組み立てサイズはW240×H150×D240cm。

設営方法はフライシートをペグダウンして、ポールを突っ込むだけ。

インナーも吊り下げ式だから、楽々完成です。

2.チェアもリビングに合わせてミニマム&ロースタイルに!

 

一人の時間を快適に楽しむためのリビングは、手の届く範囲に全てを設置し、立ち上がらない環境作りが大切。

そのためにはミニマムでロースタイルなギアを集めたいところ。

プライベート感ある空間を生み出すコツと言えます。

そんなリビングに置くアイテムの中でも、キャンプ中のリラックス度を左右するチェアからご紹介。

オススメは、大定番ヘリノックスの人気モデル「チェアワン」の快適性をそのままに、さらに軽量&コンパクト化した「ゼロワン」です。

ヘリノックス
チェアゼロ
¥12,000(税抜)
問:モンベル・カスタマー・サービス 06-6536-5740

シート素材は丈夫なポリエステル・リップストップ。

本体重量は僅か490gと、ソロキャンパーにぴったりです。

500mLのペットボトルとほぼ同じ重さって相当軽いですよね!

3.兼用アイテムで軽量化を目指す! 焚き火台にもBBQグリルにもなる一台二役

ユニークなのに便利すぎる商品を続々と発売し、最近ますます人気が高まる注目ブランド、DODからは2アイテムがランクイン。

こちらは、焚き火台とBBQグリルの二役をこなす優れモノです。

DOD
秘密のグリルちゃん
¥5,580前後(税抜)
問:DOD(ビーズ) 050-5305-9905

フレームは軽量で耐久性に優れたステンレス製。

薪を置く特殊耐熱メッシュは網み目が細かく灰が落ちにくいのが嬉しいポイント。

収納するときは分解してポケットにイン。

サイズはW34×H18×D30cm。小さな収納袋に入っている驚きのコンパクトさです!

4.ゴミ箱にもテーブルにもなる一台二役

続きましては、ダストボックスに目隠し用の天板をセットして、おしゃれなテーブルに変身するこちらの便利ギア。

一つで二役をこなすうえ、コンパクトに収納できるので携帯性にも優れます。

ソロキャンパーに最適なアイテムです!

DOD
ステルスエックスミニ
¥5,300前後(税抜)
問:DOD(ビーズ) 050-5305-9905

サイズはW44.5×H36×D36.5cm。

テーブルにゴミ箱まで持って行くのはソロだと大変。兼用アイテムで荷物を軽量化しましょう。

5.細かなツールも手の届く場所に整理してまとめよう

迷子になりがちなツールは、ひとまとめにしておくとスマート。

座ったまま手が届くようにレイアウトできるインディアンハンガーが便利です。

ミニマルワークス
インディアンハンガーM
¥6500(税抜)
問:アンバイ ジェネラル グッズ ストア 03-6328-0577

テントやタープに使われていたアルミポールをツールスタンドに再利用して作ったこちら。

アイアン製に比べて、小さくて軽量、組み立てや収納も簡単です。

到着してすぐに設営できるのもポイント。

サイズはSからXLの4サイズ。

洗い終わったカップなどを干せるのもいいんです。

 

初めて使うテントやギアは、組み立て方や使い方もあやふやで、どうしても苦労するもの。

設営や、片付け、運搬etc. …とにかく何事も簡単なモノを選ぶことで、時間と体力を節約し、のんびりと自分だけの自由時間を楽しみましょう。

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…