MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

一見の価値アリ!職人の愛と技術が詰まった土屋鞄の「雪だるま専用バッグ」

ん?バッグの中に雪だるま?すごいニッチな商品なんじゃない?なんて心配はご無用。こちらのバッグ、土屋鞄製造所WEBサイトのコンテンツ用に作られた非売品なんです。

土屋鞄製造所では、「“運ぶ”を楽しむ -THE FUN OF CARRYING-」 というテーマで、2020年の夏からWebサイトにてユニークな鞄を掲載中。第1弾として発表した「スイカ専用バッグ」は、海外メディアに紹介されるほど話題になりました。

細部に現れる職人のこだわり

土屋鞄製造所 鞄職人の松澤 裕子さん

今回、「“運ぶ”を楽しむ」の第2弾を製作したのは、入社9年目の松澤祐子さん。6年間のランドセル製作で培った技術を惜しみなく使い、自身の子どもの頃の憧れを実現しました。

バッグの内側には、雪だるまが溶けないように保冷素材を採用。この素材を革製品と組み合わせるのは、土屋鞄にとって初めての試みなのだとか。ファスナーには止水ファスナーを使用し、外からの雨や雪からも雪だるまを守ります。

そして注目ポイントは、内側の小さなポケット。実はこれ、付属の革製の鼻を収納するポケットなのです。鼻さえ持ち歩いていれば、いつでもどこでも雪だるまを完成させることができますね。

このヘラのようなものは、雪だるまの下に敷く台。鞄から雪だるまを取り出すとき、雪だるまが崩れてしまうのを防いでくれます。

デリケートな雪だるまをスムーズに出し入れ可能。

メイン素材には、革の繊維に防水剤を染みこませた「防水スムースレザー」を採用。革の風合いと、耐水性を合わせ持った画期的な新素材で、「OTONA RANDSEL 003」にも採用されています。

線対称で曲線の多いだるま型。縫うのも大変ですが、コバ塗りも一苦労。切り落とした革の断面が美しい光沢を持つように、コバ液を2回塗り重ねていきます。繊維のほつれや割れから守るこのコバ塗りは、職人さんも緊張する仕上げの作業なんだとか。

#旅する雪だるま

鞄職人の愛と技術がめいっぱい詰まった「雪だるま専用バッグ」。12月18日から各地の土屋鞄製造所のお店をお散歩しており、実物を拝見することができます。

新型コロナウイルス感染症の対策により、予定が変更になる可能性もありますが、2月28日まで六本木・渋谷・梅田・京都・名古屋・福岡の6店舗で順番に展示される予定です。詳しい日程は下記のURLでご確認を。

https://bit.ly/tsuchiya-yukidaruma

土屋鞄製造所(0120-907-647)
https://tsuchiya-kaban.jp

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …