• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【文房具大賞1位】宅配の荷物が増えても大丈夫! ミドリのダンボールカッターのすごさを開発者が解説します!【開発秘話あり】

通販や宅配の利用が増大した今、届いた荷物を整理するのは家事の一つになりました。箱を素早く開梱して片付けられれば、それだけテレワークや他の家事もはかどるというもの。そこで役立つのが、ミドリのダンボールカッターです。本誌2月号の「文房具大賞」では、テレワーク部門で1位を獲得した傑作文房具!

ミドリ ダンボールカッター

 

ダンボールカッターとは?

そもそも、ダンボールカッターとは、錆びる心配がなく耐久性に優れたセラミック刃を採用した、コンパクトなカッター。ダンボールの開梱はもとより、雑誌や新聞の1枚切りもでき、通し穴付きでストラップも付けられる仕様です。本体は開閉式で、使わないときはセラミック刃を収納でき、安全です。

ミドリ ダンボールカッター

ミドリ ダンボールカッター

 

2018年に第一弾が発売し、好評を得て昨年リニューアル。使い勝手が大幅に向上しています。そんなダンボールカッターの魅力を、開発担当者のお話も交えて、1つずつ紹介していきます。

(左)TAIJI KAMISE DESIGN デザイナー 神瀬泰二さん
(右)株式会社デザインフィル クリエイティブセンター 中村真介さん

「ダンボールカッターは、セラミック刃を扱うメーカーの商品からヒントを得て、2018年に発売しました。ヒットしましたが改良点もあったので、新モデルではそこを一新しています」(中村さん)

磁石が強力になって、壁に貼れる!

旧モデルは磁石が片側にしか搭載されておらず、壁に貼り付けるとき、向きを確認する手間がありました。新モデルはマグネットを強化し、両面で貼り付けられるよう改良。簡単に壁やドアに貼れて、すべり落ちることもなくなりました。

ミドリ ダンボールカッター

「新モデルでは、マグネットの厚さを4mmから8mmに倍増し、両面がつけられるようにしました」(神瀬さん)

旧モデルと比べて、圧倒的に軽く開く!

旧モデルは安全性に配慮したのか、本体の開閉がキツめに作られており、開閉のしづらさがネックでした。けれど、新モデルでは力をいれずとも軽快に開きます。

ミドリ ダンボールカッター

 

開発者の弁

ミドリ ダンボールカッター

「新モデルでは、開閉部分にバネを内蔵し、パカッと開く構造を採用しています。スケルトンの試作品を何個も作り、ヒンジ部分の動きを慎重に確認しました」(神瀬さん)

ミドリ ダンボールカッター

刃を交換式に変更し耐久性を2倍に!

セラミック刃のデザインも一新。耐久性が倍になりました。

ミドリ ダンボールカッター

開発者の弁
ミドリ ダンボールカッター

「セラミック刃の形状を新しくデザインし、ネジで取り外し可能に変更しました。左右を反転して入れ替えることで、新しい刃として使えるようになっています」(中村さん)

細かいこだわりも!

大きな改良点以外に、細部にもこだわっています。

ミドリ ダンボールカッター

「旧モデルも同じですが、刃を収納できて持ちやすい形状にしようということで、丸形にしました。また、新モデルは円周がギザギザになっていますが、これは側面を磁石が貼りやすいようツルツルにしたため、代わりに円周に滑り止めをつけたからです」(中村さん)
「左右対称で、どちらの手でも使えるデザインにしました」(神瀬さん)
「牛乳パックや紙封筒の開封など、幅広い用途に使えるのも長所だと思います」(中村さん)

 

ミドリ
ダンボールカッター
¥980
問:デザインフィル ミドリカンパニー https://www.midori-japan.co.jp/

 

文/金山 靖 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…