MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

このスニーカーがすごい! 本WEBで人気を博した3足はこれだ!

最近発表&発売されたスニーカーに中からMonoMaxWebで紹介し、特に人気だった3足をまとめてご紹介します!

今回も様々な注目スニーカーが登場しました!

「ナイキ コズミック ユニティー」ナイキ発のサステナ系パフォーマンスモデルを実際に体験!


これまでに「スペース ヒッピー」や「エアフォース 1 クレーター」など地球環境を考慮した最新スニーカーを続々と世に放って来たナイキから、初のプロアスリートにも対応したパフォーマンスモデルとして発表さ れた「ナイキ コズミック ユニティー」。以前にモノマックスWEBでそのニュースをご紹介しましたが、遂に現物とご対面出来ましたので、早速リポートです!

ナイキ コズミック ユニティー ¥18,150(税込)

ナイキ コズミック ユニティーは、二酸化炭素や廃棄物の排出量ゼロを目指すナイキの包括的な取り組み「Move to Zero」の理念を取り入れたシューズ。重量換算で少なくとも25%以上のリサイクル素材を使用しながらも、超人的パワーのNBAプレーヤーの足下を、 しっかりとサポートしてくれるタフさも兼ね備えているのです!

 

アッパーには、リサイクル可能なケーブル糸を使用し、肉厚な生地感で高いフィッティングに。

 

お馴染みのスウッシュも一部リサイクル材を使ったマーブル模様を入れて、エキゾチックな雰囲気を演出。

サステナ系って聞くとどことなくソフトで洗練されたイメージがありましたが、本作に関してはゴリゴリのタフ仕様! 何せ身長2メートル越え、体重100超えがざらなNBAプレーヤーをサポートするわけですからね。しかもカッコいいから言う事ありません!

 

オニツカタイガーから太極拳シューズをコンテンポラリーな表情にアップデートした2モデルが登場です!

プレーンなつま先が特徴的な太極拳シューズをベースにモダナイズした「TAI-CHI-REB™️」を、しなやかな一足仕立てのニットアッパーで仕上げた ミドルカットスタイル「TAI-CHI-REB™️ SOCK MT」、そしてローカットスタイル「TAI-CHI-REB™️ SOCK」の2モデルが登場します!

TAI-CHI-REB™️ SOCK MT ¥15,000(税抜)

太極拳シューズの特徴であるスリムな印象のフォルムを残しながら、アッパーに施したオニツカタイガーストライプがデザインのアクセントに。ま た、ヒールアップタイプのインナーソールを搭載することで、履き心地の良さと着用したときのシルエットの美しさを両立しています!

 


TAI-CHI-REB™️ SOCK ¥13,000(税抜)

シャープなシルエットがとっても新鮮ですね!

 

TAI-CHI-REB™️ SOCK MT」、は一部を除く店舗及びECサイトで2021年1月1日より展開中。そして「TAI-CHI-REB™️ SOCK」は、2021年3月に展開予定とのことです!

 

 
話題のハンズフリー次世代シューズ「ナイキ ゴー フライイーズ」を履いてみたよ!

「ナイキ ゴー フライイーズ」と言えば、ハンズフリーでシューズの脱ぎ履きを実現した画期的シューズってことで、とっても話題のアイテムです!

去る2021年2月15日よりナイキの会員制サービス「ナイキ メンバー」の一部に招待制で販売開始されましたが、実際にご対面出来ましたので、早速お試ししてみました!

ナイキ ゴー フライイーズ ¥14,300(税込)

これまでにはファスナー仕様の「ジップアップ」、コードやストラップを引いてフィットさせる「プルタイト」、ヒールを踏み足を滑り込ませる「ステッ プイン」など、2020年の夏にナイキから登場した、シューズの脱ぎ履きが簡単できる「フライイーズ」シリーズがラインナップされて来ましたが、いずれも 手を使う必要がありました。ところが今作では遂に、ハンズフリー化が実現! 手を使うことなくスムースな着脱ができちゃうってわけですね!

 
このシューズのスムーズな着脱を可能にするのが、開口部を大きく開いた時も閉めた時にもシューズを安定した状態に保つことができる、ミッドソールの中央部分に設けられた双安定性ヒンジ(ちょうつがい)。

 

さらにもう一つの特徴的なディテールが、ナイキ ゴー フライイーズ テンショナー(張力調整装置)。双安定性ヒンジとミッドソールのテンショナーによって、手を使わずに着脱を可能にする他、安定したホールド力でシューズと足の一体感を高めます。

実際に履いて歩いてみたりしてみましたが、特に違和は無し! 足とシューズとの一体感はバツグンです! 子供や荷物で両手を塞がれたパパさんママさんから、キャンプ時のテントの出入りなど、様々なユーザーのライフスタイルやニーズに対応してくれる、とっても 画期的な一足かですね。
2021年後半に一般販売予定とのことなので、初回販売で買い逃した方も、次回の発売に期待して下さいね!

いかがでしたか?

お気に入りの一足が見つかれば幸いです!

取材・文/本間 新

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …